予防接種が受けられないのはどんな時?

子供の受ける予防接種はたくさん種類があります。どれを受ければ良いのかよくわからないといった方もいらっしゃるかと思います。これだけは知っておきたい予防接種の基本について紹介します。

スポンサーリンク

ワクチンが必要な病気一覧

ヒブ(インフルエンザ菌b型) 不活化ワクチン 定期
小児用肺炎球菌 不活化ワクチン 定期
B型肝炎 不活化ワクチン 任意
ロタウイルス(2or3回) 生ワクチン 任意
四種混合(DPT-IPV) 不活化ワクチン 定期
BCG 生ワクチン 定期
麻疹・風疹(MR) 生ワクチン 定期
水ぼうそう 生ワクチン 任意
おたふくかぜ 生ワクチン 任意

ワクチンが必要な病気は後遺症を残したり、命を落したりすることもあります。

なのでワクチンでしっかり予防して子供たちをこれらの病気から守ってあげる必要があります。

ワクチンを受ける時期や回数の推奨はありますが、これだけの病気と時期と回数となると複雑になってしまいます。

なので自分で確認して受けるのも良いと思いますが、かかりつけ医(予防接種に慣れている方が良い)に相談してスケジュールを作るのが1番だと思います。

推奨期間を過ぎても接種できない訳ではないので、接種間隔があいても回数を守るというのが重要です。

接種するのを忘れていた場合は、判断が難しいのでかかりつけ医に相談してみましょう。

定期接種、任意接種とは?

定期接種

定期接種というのは予防接種法に基づいたワクチンで、各自治体が実施するものです。費用は指定された期間内に接種すれば公費(原則無料)です。

指定された期間を過ぎてしまいますとお金がかかってしまいます。

medical-563427_960_720

任意接種

任意接種のワクチンは保護者の判断で各自が医療機関で接種します。費用は自己負担となっています。

一部費用を助成する自治体もあるので、各自治体に問い合わせして確認してみて下さい。

任意だから受けなくて良いと思われる方がいますが、任意のワクチンも定期のワクチン同様重要なワクチンです。

自己負担なので経済的に大変な方もいらっしゃるかと思いますが、お子さんが病気にかかってしまって辛い思いをすることになる可能性もあるので、できるだけ接種するようにしましょう。

スポンサーリンク

どうしても経済的に厳しいという方は、流行している病気や重症化しやすい病気を優先的に受けていくようにすると良いと思います。

生ワクチン、不活化ワクチンとは?

生ワクチン

生きた細菌やウイルスの毒性を弱めたものです。

通常体の中にこれらのものを増殖して免疫を作るので、稀にワクチンによって病気にかかることもあります。

それを防ぐために次の予防接種を受ける時は、最初に受けた4週間後に受けるという決まりになっています。

不活化ワクチン

最近やウイルスを死滅させて毒性をなくし、免疫を作るのに必要な成分を作り出したものです。

ワクチンによって病気にかかることはありません。不活化ワクチンは次の予防接種までに1週間あけてから接種するという規則があります。そして、数回接種する必要があります。 

newborn-1328454_960_720

副反応

接種したところが赤く腫れたり、痛くなったり、熱が出る、気分が悪くなるなどの症状がでることがあります。

ですが、ワクチンの予防できる病気にかかった時のリスクと比較すると、圧倒的にワクチンで予防できる病気の方がリスクが大きいので、そう考えるとワクチンを受けるのが妥当ではないでしょうか。

新しいワクチンは安全性が非常に高く副反応の少ないものとなっています。

予防接種が受けられない時

当日の体温が37.5度以上

37.5度以上の熱があると受けない方が良いと言われています。見た目の体調も重視されます。

体温が平熱でも体調が悪そうだなって思った時は接種を控えることも大切です。

多少の鼻水やせきがあっても元気なら受けられる場合もあります。

アレルギー反応

ワクチンに激しいアレルギー反応を起こしてしまったことがある場合もワクチンを接種しない方が良いことになっています。

同時接種

複数のワクチンを時間を空けずに1日で接種することです。

たくさんワクチンの種類があって大変なので、一気に受けることができてスケジュールを組みやすくなります。

副反応などが心配だと思いますが、同時接種することで副反応が増強することはないとはわかっているので、安心して同時接種して下さい。

また、接種できるワクチンに制限はないこともわかっています。

スポンサーリンク