時間制限ダイエットの効果は?8時間食べ放題?

年末年始をゴロゴロダラダラ過ごして、暴飲暴食で正月太りしてしまった人はいませんか。カロリー制限、食事制限がなくてお酒や間食しても大丈夫で、運動しなくてもいいダイエットを紹介します。痩せたい人必見。

スポンサーリンク

正月太りのは多くの人が経験しているものだと思いますが、気温が低いと代謝が上がるため冬は脂肪を落としやすくなっているんです。

さらにつきたての脂肪は柔らかく水分が多いため代謝しやすくなっているので、正月明けにダイエットをするのは効率が良いといえます。

しかし、このつきたての脂肪を放っておくと繊維などと絡み合い落としずらい脂肪へと変わってしまいます。なので正月についた脂肪はすぐに落とすとことが重要となってきます。    

時間制ダイエット方法(1日8時間食べ放題)

例えば午前8時に最初の食事をしたとすると最後の食事を8時間後の16時にします。1日で8時間だけ食べられる時間を設けるダイエットとなります。

食事を指定医8時間は個人の生活スタイルに合わせて設定することができ、8時間の間であれば何度食事を摂っても大丈夫です。

水分は1日2リットルと多めに摂ります。食べない16時間はカロリーや糖分のない水やお茶などをこまめに摂るようにしましょう。

このダイエットをすると分かりますが、食べても良い8時間を過ぎるとお腹がかなり減ります。16時間も間が空いてしまうので空腹になってしまいます。

??????????????????????????????

しかし、この16時間がポイントとなってきます。消化しないで済む時間が16時間あると身体は手持ちのタンパク質を代謝酵素に使うことができます。

体内ではタンパク質から消化をつかさどる酵素と代謝をつかさどる酵素が作られています。しかし、その働きはどちらか一方に偏りがちになってしまいます。

胃腸に食べ物が残っているとタンパク質は消化酵素に使われ代謝がおろそかになってしまいます。一方食べない時間を長くとり胃腸が空の状態になればタンパク質が代謝酵素に使われ脂肪を燃焼します。

つまりこのダイエットは空腹で代謝酵素を操るダイエット方法となります。短期間だけ効果があるわけではなく続ければ続けるだけ効果はあります。

スポンサーリンク

しかし、どか食いや早食いは禁物です。食物繊維の多い野菜から食べると血糖値の上昇が緩やかになって空腹感が現れにくくなります。      

血圧や肝機能、いろいろな効果がある?

  このダイエットは体重、体型以外にも効果があります。血圧は下がったり肝機能も改善することができます。 肝機能を改善できるのは8時間以内に(飲酒)制限されたことで適量になって肝臓を休める時間ができるからです。    

睡眠時間

睡眠時間は7時間にしましょう。レプチンというホルモンがあって、7時間しっかりと睡眠をとると食欲を抑えるレプチンが多く分泌されます。

睡眠不足の場合レプチンが減少して食欲が増加して過食の原因となってしまいます。質の良い睡眠は一晩で300kcalの脂肪を分解する成長ホルモンを分泌するので寝ながら痩せることができます。

咀嚼

しっかり咀嚼すると満腹中枢を刺激し食べる量が減ります。さらにゆっくり咀嚼して食べることで食後のエネルギー消費量が増加します。    

正月太りの原因

胃腸ぐったり

食べ過ぎて胃腸が弱ってしまい基礎代謝が下がって太ってしまいます。食べ過ぎてしまう人にはブロッコリーがオススメです。

Hazardlab_7656_1

ブロッコリーには胃の粘膜を修復するビタミンUを多く含んでいて、含有量はトップクラスとなっています。

歯応えもあって咀嚼回数も多くなり満腹感もUPします。ビタミンUは水に溶けやすくなっているので蒸して調理するようにしましょう。    

むくみ

むくみは顔や脚など人によって出やすい場所は違っています。日持ちするおせち料理はむくみの原因となる塩分が多く、水分が排出されにくくなって体内に溜まってしまいます。

すると細胞と細胞の間の水分が皮膚を圧迫してむくんでしまうんです。顔のむくみを解消するには塩を出すダイエットがオススメです。

2日間塩分を控えて体から塩を出すという方法です。風味の強い食材を使ったりして塩分を含んだ調味料は使わないようにしましょう。

またパセリや納豆、アボガドなどの塩分の排出を助けてくれるカリウムの多い食材を使うと効果的です。

(心臓疾患、腎疾患の方は摂取に注意が必要となります) 水は1日に1.5〜2リットル飲むようにしましょう。塩分は体に大切なものなのでこのダイエットをするには2〜3日だけにしてください。

スポンサーリンク