とびひの原因、予防、症状|子供がかかる大変な病気?

子どもが、感染してしまうと完治するまでなかなか大変な『とびひ』。子どもが小さければ小さいほど、完治するまで親の徹底した管理が必要となってくる非常に面倒くさい皮膚病ですよね。

そんな『とびひ』になる原因が虫刺されにあったって知っていましたか?ここでは、とびひについて詳しく説明します。

スポンサーリンク

「とびひ」とは?子供がかかると大変な病気

とびひとは、皮膚に細菌が感染することで発症する病気で、『とびひ』とは、この感染症の通称で、正式名称を「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」といいます。

夏になり、虫刺されやあせもをかきむしることで出来た傷口から、とびひの原因となる、2種類の細菌が、侵入して炎症が起こります。

炎症を起こした皮膚はとてもかゆく、患部やその周りをかきむしってしまうため、更に傷を作り、そこからまた菌が侵入して、どんどん広がり、時には全身に感染してしまうこともあります。

その様子が、まるで火事で火の粉が周りに飛び火する様子に似ているため、この病気を『とびひ』と呼ぶようになりました。

とびひの原因は?どんな症状なの?

上でもちらりと書きましたが、とびひは2種類の細菌のどちらかが感染することで発症する皮膚の病気で、『黄色ブドウ球菌』と『A群β溶血性連鎖球菌』という菌が虫刺されやあせもをかいて出来た傷口や、小さな怪我で出来た傷口から感染して発症します。

子供がかかるとびひの多くは、黄色ブドウ球菌が感染して発症したもので、この菌に感染すると、感染した場所に水ぶくれができ、それが徐々に膿をもち、破れる事で皮膚がめくれてただれてしまいます。

患部にはかゆみがあり、それをかいた手で他の場所を触ることで、症状が広がっていきます。

黄色ブドウ球菌によるとびひの場合、夏に感染しやすく、皮膚のバリア機能が未熟な乳幼児や小学校の低学年の子どもが、かかりやすいといわれています。

A群β溶血性連鎖球菌の感染によるとびひの場合も、感染した場所に水ぶくれが出来ますが、その後厚いかさぶたになります。炎症が強く、リンパ節の腫れや発熱、喉の痛みを伴うことがあります。

黄色ブドウ球菌によるとびひはかゆみを伴いますが、A群β溶血性連鎖球菌によるとびひの場合かゆみではなく、痛みが伴うことが多いです。

また、どの季節でもどの年齢でも関係なくかかり、黄色ブドウ球菌によるとびひも同時に感染することがあります。

とびひはうつるの?

『とびひ』の由来通り、この病気は、誰にでもうつる可能性があります。

水ぶくれから出た液体が、皮膚に触れることで菌が付着し、それが手やタオルなどを媒介に傷口に侵入することで、とびひでなかった箇所や他の人にもうつるのです。

ですので、家族の中にとびひにかかった人がいた場合、特に姉弟のいる子どもが感染した場合、以下のことに注意してください。

スポンサーリンク

  • 患部をガーゼで覆い皮膚と皮膚の接触を避ける。(ガーゼをする前は、傷口を消毒し処方された薬を塗りましょう)
  • タオルや衣類を共有しない。
  • 湯船やプールには入れない。(シャワーで清潔を保ちましょう)
  • 患部をかいたり触ったりさせない。

これに注意すれば、絶対にうつらないというわけではありませんが、感染の拡大のスピードを緩めたり抑えたりする可能性はあります。

とびひの予防方法は?

虫刺されやあせもをかいて傷を作ることで感染し発症してしまうとびひ。なんとか予防できる方法はないのでしょうか?

とびひは、かきむしってできた傷口から菌が感染し発症します。とびひにならないためにも、普段から手をよく洗い、爪は常に短くしておきましょう。

また、とびひの原因菌である黄色ブドウ球菌は、鼻の中に多くいる菌なので、子どもが花を触ったり、鼻ほじりをした時は、手を洗うようにしましょう。

虫に刺されたり傷を作ったりした場合は、すぐに手当をし、傷口を触ったりかいたりしないように、清潔なガーゼかなければ絆創膏で覆いましょう。

また、虫刺されの場合は、かゆみを長引かせないように薬を塗るか、かゆみ止めパッチを貼りましょう。

汗をかいたら、すぐにタオルで拭き肌を清潔に保ちましょう。特に肘や膝の裏側はあせもができやすため、濡れタオルで拭き清潔を保つちましょう。

もし、保育園や幼稚園、学校などでそれが難しい状況であれば、帰宅後すぐにシャワーで汗や汚れを流すことで、多少あせもの発生を抑えられます。

起きている間は、患部をかくことを抑えることができても、寝ている間はかゆみを我慢できず無意識の内にかきむしってしまいます。特に、乳児であれば、起きていてもかゆみを我慢することはできません。

ですので、出来るだけかゆみを減らすようにしましょう。虫刺されやあせもをガーゼなどで覆ったり、ミトンタイプの手袋をするのも一つの手かもしれません。

ちなみに、筆者の経験上、虫刺されに関しては、刺された後なるべくすぐ石鹸で洗うか、虫刺されの薬を塗ると、その後ほとんどかゆみはありませんでした。

いかがでしたか?とびひは、細菌が虫刺されなどをかいてできた傷口から感染したことが原因で、予防には普段から爪を短くしておくことと肌を清潔に保つことが大切だということがわかりました。

筆者は、保育士をしていた経験があるのですが、やはり夏場には必ず数人の子がとびひにかかっており、その内1~2人は、患部が全身に広がってしまい、見ているこちらも、かゆそうでとても可哀想に感じたことを覚えています。

とびひは、長引けば長引くほど親子ともども負担が大きくなってしまいます。皮膚にいつもと違う様子が見られた時は、早めに小児科や皮膚科を受診しましょう。

スポンサーリンク