紫外線による目の病気とは?原因、症状は?

日光浴は昔から健康にいいと言われてきました。しかし、最近ではそうとばかり言えません。それというのも、近年、オゾン層の破壊が深刻で、それが人の健康がおびやかしていると言われます。

この紫外線によって、注意が必要なのは眼に被害を与える影響についてでしょう。オゾン層の役割は、太陽から注がれる紫外線をカットしてくれることでした。

しかし、オゾン層が破壊されると、有害紫外線が直接地上に降りてきてしまいます。特に害を与える紫外線B波は皮膚ガンなどにとどまらず、白内障や翼状片などの眼病も引き起こすと言われます。こうした紫外線の目に与える有害性については、国連WHOも指摘し警告が出されています。

スポンサーリンク

紫外線が原因でなる目の病気

紫外線による眼病は翼状片と白内障?

紫外線による目の障害は翼状片、白内障が知られていますが、紫外線量の多い地域に白内障患者が多いと言われ、WHOも白内障の約20%は紫外線が原因だと報告しています。

つまり、5人に一人は、紫外線の影響で白内障になっているという現状があります。それぞれの眼の病気について見てみましょう。

翼状片(よくじょうへん)とは?

翼状片とは、紫外線を長年浴び続けると発症する眼の病気です。白目の表面をおおっている組織が異常に増殖してしまい、角膜の方に進入してきてしまって生じる病気です。

それがちょうど翼のような形になることから、翼状片(よくじょうへん)と呼んでいます。特別、命にかかわることはなく手術で切除できるのですが、再発しやすいので面倒な眼の病気です。

罹患率としては漁師やサーファーの方たちがなりやすいと言われています。長い間、紫外線に眼を晒される機会が多かった人が、かかりやすい病気です。

翼状片の症状とは?

自覚症状としてはゴロゴロしたり、ごみが入ったような異物感などの症状が感じられます。また、白目の結膜の部分は、充血して見えます。

翼状片が角膜に侵入すると角膜が引っ張られるようになり、乱視になったりする現象が起こってきます。現在では翼の形状をした部分が伸びすぎると視力に支障がでてくるので、進行したものは手術によってで直します。

ただ、再発するので手術をしたら終わりということがないですし、外貌的も目立つので気になる場合も多いでしょう。できれば、そうならないように紫外線予防をしておくほうが得策でしょう。

白内障とは?

白内障とは、紫外線の影響で眼球の水晶体が濁って眼が見えにくくなる病気です。最悪の場合、失明する恐れもあり、白内障による失明者のうち約2%が紫外線が原因で失明しているといわれています。

白内障になる経緯についてはこういうプロセスです。つまり、眼の中に紫外線が入ってくると、角膜を透過していき水晶体で吸収されてしまいます。

水晶体というのはタンパク質と水分で構成されていて、もともとは透明で弾力性があるものですが、紫外線が進入する状態が長く続くと、水晶体のたんぱく質が変化を起こしやがて白濁していって物がぼやけて見えたりしてきます。

これが白内障です。最悪の場合は、失明してしまうことにもなりかねません。

スポンサーリンク

白内障の症状

症状が進行するスピードは遅く、長年かけて進行していくことが多いのも特徴です。

自覚症状がなく充血などの外目から見た症状が余りないために、気をつけて自覚したり検査などをしたりしていないと、後に後悔しても遅いということになります。白内障の症状としては、以下のようなものがあります。

  • 物がぼやける
  • 物が2重3重に見える
  • 視力低下目のかすみ
  • 明るい場所だと眩しい

白内障治療法

水晶体が濁ってくると症状が軽い場合などは、点眼薬や内服薬(抗白内障薬)によって白内障の進行を食い止める治療もあります。

しかし、それは、あくまで、白内障の症状が進行するのを遅らせているだけです。白内障の進行症状によって日常生活に支障が出てしまうケースは、手術以外に直す方法はないのが現状です。そうしたことを防ぐためにも、あらかじめ紫外線の予防対策をしておきたいものです。

紫外線予防用のサングラスは紫外線透過率の低いものを

眼に対しての紫外線予防には、紫外線カットのサングラスを使うのが一番の予防です。眼を守るために、まずサングラスを着用しましょう。

サングラスには「紫外線透過率」が数字で表示されています。これは、そのレンズがどれだけ紫外線を通すかということを数字で表しています。

もし「紫外線透過率2.0%以下」という表示のレンズがあったとしたら、それは紫外線を98%以上カットできているという意味です。 

紫外線透過機能のない濃いサングスは眼に危険

よく紫外線よけというと濃い目のサングラスが使用された時期もありますが、紫外線透過機能のない濃い色のサングラスは目に悪い影響を与えるので注意が必要です。

というのも、目は暗いところでは瞳孔が開くので、濃い色のレンズで強い光を浴びると瞳孔が開いた状態になっているため黒目(角膜)に大量の紫外線が入ってきてしまいとても危険なことになってしまいます。

色の濃いサングラスをかける時こそ、必ず「紫外線カット」すなわちUVカットののレンズを着用するように注意しましょう。

そのサングラスについても、 顔にフィットしているかも大切な点です。もしフィトしていないと、顔の横の隙間から紫外線が入り込んできてしまうので、着用していること自体が無意味になってしまうからです。そのあたりも注意してサングラス選びも慎重にしましょう!

紫外線が降り注いでいるのは夏の暑い日ばかりとは限りません。曇りの日や春先でも降り注いでいます。

有害な紫外線を大量に受けていると後に、角膜炎や白内障などになる危険性があると言われますから気をつけたいものです。

眼を日焼けから守る一番のアイテムは、何といってもサングラス。オゾン層の破壊が懸念されているオーストラリアでは、小学生でもサングラス着用をすることになっています。

UVカット効果があるか、 顔にフィットしているかを確認して選びましょう。調光レンズ、または、偏光レンズ機能付きならベストです。油断をしないで紫外線対策をし、大切な眼を晩発性で生じる白内障や翼状片から守りましょう。

スポンサーリンク