咳の種類|どんな病気の可能性があるの?

風邪を引いていなくても、多少の咳は日常的にでるものです。それは、なぜかというと咳には外部からの異物を外に出すという役割があるからです。

ウイルスやほこりなど身体に有害であると判断したものを外に追い払う役目です。意識的に追い払っているのではなくて、人間の反射反応で外部から気管や肺に入ってきたらそれを外に出すために咳がでます。

それを難しく言うと“咳嗽”と言い世間一般では“咳”と呼ぶのです。また、ウイルスが気道に付いている粘膜と絡み合い痰になるのですが、それも外に出す役割があります。

咳とは風邪の時だけではなく、身体が有害だと思った時に反射的にでる防衛反応なのです。

スポンサーリンク

咳の種類

防衛反応ならさほど悪いように聞こえないのですが、咳の中にも種類がいくつかあり気を付けなければならないときがあります。

湿った咳

まずは、湿った咳です。痰が絡んだような咳というとピンっとくるかもしれません。鼻水が多くでているときに湿った咳がでやすく、鼻水を外に出そうとしている反応による咳です。

通常は風邪の場合が多く、そんなにひどく咳が続かない限りは様子を見ることをオススメします。

へんに咳止めを服薬してしまうと、鼻水をせっかく出そうとしている反応なのに、それを止めてしまい治りが遅くなる可能性があるからです。しかし、湿った咳が何週間も続くようでしたら、病院に行くことをオススメします。

乾いた咳

次は、乾いた咳です。乾いた咳は鼻水や痰があまり関係しておらず、どちらかというと喘息や気管支炎、アレルギーが原因であることが多いです。

湿った咳よりもでる回数が多い傾向にあり、骨がもろくなった老人やカルシウムが不足している人などは、肺を覆っている肋骨にヒビがはいるもしくは折れてしまう危険性があります。

湿っている咳と同様、ひどい時は病院に行くことをオススメします。

咳の代表格はこの2つになります。原因も症状も違うので、一言で咳が出ているというのではなく、どんな咳がでているのかまで病院で伝えると、治療の近道になります。

犬吠様咳嗽

この他に覚えていてほしい、危険な咳があります。それが“犬吠様咳嗽”です。一見、乾いた咳のように感じる方もいるのですが、まるで犬がさみしい時に吠えているような、キャンキャン、ケンケンといった咳をしています。

この場合はすぐにでも病院に行くことをオススメします。寝ている時に急に呼吸が止まってしまったりする可能性があるからです。

また、赤ちゃんや老人は悪化しやすい上に自分で犬吠様咳嗽だと決断することが難しいです。周りの判断が重要となるので、咳の種類を頭に入れておきましょう。

咳を伴う病気の種類

咳とは身近な症状であるためか、甘く見がちですが病気に発展することが多くその病気の種類も様々です。

スポンサーリンク

咳喘息

喘息までひどくはないのですが、喘息の前ぶれとも言われており乾いた咳が出ながら肩で呼吸をするようにゼエゼエと言っているときは病院に行きましょう。

また、咳喘息は10月と11月に多く気温が急に下がったりすると、発症しやすいと言われています。

これは医学的な根拠はないのですが、多くの体験を元にしてだしているので、参考にしてみて下さい。

肺がん

これは、かなりショッキングな病ですね。がんになっているときは、とにかく喉が渇いた状態で咳が治まらない傾向にあります。同時期に血が混じった痰がでることもあり、息がしづらい又は胸が痛いこともあります。

しかし、この症状=肺がんではありません。この症状に過敏になることはないかもしれませんが、長期に渡って咳が症状として現れる場合は病院に行きましょう。

その際は人間ドックを利用してみることをオススメします。がんじゃなくても身体の危険サインが出ているかもしれません。

マイコプラズマ

とにかく、マイコプラズマは感染力が強いウイルスです。症状は咳が激しく出ますし、感染ルートが飛沫なので、家族の中で1人になるとあっという間にウイルスが広まっていきます。

10月ごろから冬にかけて、多く発症します。3週間ぐらい菌をもっており、マイコプラズマ専用の治療薬を服薬しないと、咳が治まらないのが特徴です。

慢性咳嗽

風邪は治ったはずなのに咳だけ残っている場合は、慢性的になっている可能性があります。外部から少しでも有害なウイルスやほこりが入るだけで、必要以上に反応してしまっている状態です。

ずっと、咳がでていると肋骨に影響がでることもあるので、風邪が治ったと感じても再び病院に行くことをオススメします。

咳の病気を検査、対処

喀痰細胞診検査

咳が関係している病気はこれだけではありません。ですから、これだと病気を確定するには少し難しいかもしれません。

そんな時に有効的なのが喀痰細胞診検査です。痰を検査にかけて、どんな感染症になっているのかを判断していきます。

大きな病院だけでなく個人病院でもやっていることもあるので、問い合わせてみるといいでしょう。

家でできること

病院に行くのは厳しいという方は、家でできることをやってみましょう。まずは、身体の中から温めることです。冷たいものを控えて温かい飲み物を摂取するようにしましょう。

特に生姜の方が身体を温める効果が期待できます。生姜をすりおろすのが面倒な場合は、チューブタイプのものをお湯で溶かして飲むといいです。

また、意外なところでレンコンも効果が期待できます。なので、生姜にレンコンを入れることをオススメします。

内側からだけでなく外からの温め効果も、咳に効果が期待できます。体温がたった1度上がるだけで、ウイルスが増えるのを抑制してくれると言われています。

咳が出はじめたらマフラーやストールを巻いたりして、首回りを温めましょう。夏場は暑いでしょうから、薄いガーゼ素材のストールで対応しましょう。

さらに、冬場になると乾燥が激しくなります。それも咳を誘発させる原因でもあるので、湿度を高めていくことも咳を改善する方法です。

加湿器をつかったり洗濯物を室内干しするといった方法が手軽でオススメです。水分を多くとることも喉の湿度を高めてくれるので、効果的です。身体を温め湿度を保つことが家でできる、咳を予防し改善する方法です。

スポンサーリンク