石灰沈着性肩関節周囲炎とは?治療、運動方法は?

石灰沈着性肩関節周囲炎とは夜間に肩に激痛がはしる病気です。肩関節の周囲にカルシウムを含むような石灰が沈着して炎症し、痛みが生じて肩の運動制限を起こしてしまいます。

スポンサーリンク

石灰沈着性肩関節周囲炎とは?

肩には肩関節を安定させている腱板というものがあります。この腱板に石灰が溜まることが多いです。石灰が溜まる際、あるいは石灰を排除しようとする際に、強い炎症反応が起こるので激痛がはしります。

沈着している量が増えることによって膨らんで痛みが生じたりもします。カルシウムはエックス線でハッキリと映るので、石灰もエックス線にはっきりと映ります。

症状・どんな人に多い?

原因は不明で。40~50代の女性に多いと言われています。症状は五十肩の症状と似ていて、夜や明け方に突然激しく痛んだり、腕の外側が痛んだり、腕を少しでも動かすと痛んだり、痛みで寝れないと言った症状があります。

五十肩とは治療法が違うので、身に覚えがある方は1度整形外科に行くことをお勧めします。

痛みの程度は五十肩よりも激痛と言われています。

治療方法

治療方法は痛みを抑える薬物療法で消炎鎮痛剤(飲み薬、貼り薬)を使います。痛みが強い場合は、局所麻酔を注射することもあります。

初期のころ石灰は液状なので、注射をすることによって吸引して治すという方法もあります。石灰が固まっている場合は、局所麻酔などで溶かしながら吸引することもあります。

 

必ずしも全部吸引できる訳でなく、時期によっては何も吸引できないこともあって、非常に石灰の塊が大きく肩の中でぶつかって動きが悪くなり、吸引できない場合は手術で取り除く方法もあります。

スポンサーリンク

石灰を取り除いて、また再び石灰ができることはかなり少ないと言われています。逆の肩にできる可能性はあります。

石灰沈着性肩関節周囲炎になった約2割の方が逆肩にも発症しています。痛みが改善されると五十肩の症状が残ることがあるので、運動療法もあわせて行うことが多いです。

運動療法の目的は関節の動きを良くして、鍵盤の筋肉を強化する事です。

石灰沈着性肩関節周囲炎を改善する運動方法

注意する点は、無理をせず強く痛む場合は、行わないで下さい。運動は徐々に行っていき、痛みが治らない場合は、医師に相談して下さい。

おじぎ運動

テーブルと椅子を安定したところに置いて、椅子に座ります。肩の力を抜いて、肩の痛い方の手のひらを上に向けて腕をテーブルに置きます。体ごとおじぎをするように倒していって、腕を伸ばしていきます。

逆の手で引っ張ってあげて下さい。痛い方の脇の下が伸びていると効果が期待できます。限界の手前で5秒キープし戻す、それを3~5分続けて下さい。腱板に負担をかけずに肩の可動範囲を広くすることができます。

腱板強化運動

痛い方の腕を垂らしたままから90度曲げます。その状態のまま内側、外側へ動かします。この時肘が脇から離れないように気を付けて下さい。

慣れてきたら、逆の手で抑え、抵抗を与えてみて下さい。力比べをやってる感じです。5秒キープしたら、逆の方を抑えてまた5秒キープして下さい。

1日2~3セットを目安にやって下さい。負担がない方は量を増やすと効果があがることもあります。

痛みがとれたからといって何もしないと、肩が固まり動きが悪くなるので、運動をして十分に動かせる肩を手に入れましょう。夜の肩の激痛はすぐに受診をしましょう。

スポンサーリンク