子宮筋腫の原因は不明?治療方法、手術は?

30歳以上の女性の4人に1人に見つかると言われている子宮筋腫という身近な病気ですが、不妊にも関係しているということで最近注目を集めています。子宮筋腫の症状、影響力、治療法など紹介します。

スポンサーリンク

子宮筋腫とはどんな病気?原因は不明?

子宮は赤ちゃんが宿る場所です。大きさはレモンや卵1個分くらいの大きさです。

子宮筋腫というのは子宮にできる良性の腫瘍(こぶのようなもの)で、大きさが小さい場合は米粒程度ですが、大きい場合キャベツ1つ分以上の大きさにもなってしまいます。

f09121602

このこぶができる原因というのは今はわかっていません。なので、予防法もないのが現状です。ただし良性の腫瘍なので、悪性(がん)になることはないのでそれほど怖がる病気でないと考えられています。

ですが、大きさや位置、数によっては健康に害の影響が与えられる可能性があり、不妊症や流産の原因になってしまうこともあります。

このこぶは女性ホルモンの影響によって大きくなったり数が増えたりします。月経を重ねるにつれて増えて大きくなってしまうんです。

一般的に閉経してしまえば女性ホルモンの値が低くなるので、小さくなってしぼんでいきます。

子宮筋腫の種類、症状は?

子宮筋腫ができる場所は3パターンあります。1つ目が子宮の筋肉の中に埋もれるようにできるパターン、2つ目が子宮の外側に突き出すようにできるパターンです。

この2つのパターンの場合小さいうちはあまり症状がでません。

子宮筋腫の7割の方は筋肉の中に埋もれるようにできるので、無症状で過ごしている人が多いんです。

しかし、数が増えたり大きくなってきたりすると、過多月経や月経痛、頻尿、腰痛などの症状がでることもあります。

10064-1

3つ目は子宮内膜の下にできて内側に発育するパターンです。筋腫が内側に突き出すようにできるので、子宮内膜の表面積が増え、小さくても生理の量が増えて貧血になったりすることもあります。

症状は過多月経、貧血、月経痛などがあります。女性は普通毎月生理がきても貧血にならないようにできていますが、軽度の貧血がある人は危険なので注意が必要です。日常生活に支障をきたす月経痛を引き起こすこともあります。

筋腫があっても何も問題なく出産する人はたくさんいます。ただし、筋腫ができる場所や数、大きさによっては出産に影響が出る場合があります。

卵管の近くに筋腫ができてしまった場合は卵の通り道を塞いでしまって、卵が子宮に入れないで不妊の原因となることもあります。

内膜の近くにできると、せっかく卵を近くに運んでも着床できずに不妊の原因になってしまいます。

また、胎児のその後の発育に影響が出る場合もあります。早産や帝王切開などをしなければいけないこともあります。

この病気が見つかるのが多い時期は30代前後と言われています。

スポンサーリンク

昭和50年では女性が最初に子供を産む年齢が25.7歳だったので筋腫がそんなに大きくなる前に出産を経験している人が多く、筋腫はあまり注目されていませんでした。

平成25年にはその年齢が30.4歳に上がりました。30歳は筋腫がちょうど大きくなってくる時期と妊娠出産の時期とが重なってしまうので、近年この問題が注目されるようになりました。

妊娠を希望される方はよく検診を受けて、筋腫が見つかった場合はどんな治療が必要なのかを主治医の先生に確認するようにしてください。

子宮筋腫の治療、手術方法は?

子宮筋腫の治療法には大きく分けて3つあります。経過観察、薬物療法、手術があります。どの治療法になるかは妊娠を希望するかどうかで大きく変わってくるので、よく相談する必要があります。

生活に支障をきたさないくらい症状がなかったり、軽い場合は経過観察(3ヶ月〜1年)、症状がある場合は薬物療法や手術になります。

薬物療法で子宮筋腫を根治させるということはできません。まず薬で症状に対する治療を行います。

例えば貧血があった場合は造血剤を使用したり、痛みがある場合は鎮痛剤、漢方薬なども使用することがあります。

ホルモン療法というのもあります。月経量を減らしたり、月経そのものを止めることで貧血や月経痛を抑える効果もあります。

筋腫を小さくもできますが、一時的な効果なので根本的に直したい場合は手術が必要になります。

手術の場合も妊娠、出産を希望しているかが重要になってきます。手術をする前にメリット、デメリット、妊娠、出産のタイムリミットを確認、考えてから検討してください。

手術は筋腫をとってしまう手術と子宮ごととってしまう手術があります。筋腫をとる手術では子宮は残るので将来妊娠する可能性はのこります。小さい筋腫が残されて将来再発リスクがあります。

子宮ごととってしまう手術は月経がなくなるので妊娠は不可能となってしまいます。

再発のリスクはありません。卵巣は残すので女性ホルモンのバランスが崩れるという心配はありません。手術には開腹手術、腹腔鏡下手術、子宮鏡下手術があります。

開腹手術はお腹を開く手術です。

開腹手術の長所

  • お腹の視野が広いので、手術の安全性が高い
  • どのような筋腫にも対応ができる

開腹手術の短所

  • お腹に傷跡が残る

腹腔鏡下手術はお腹に4つほど穴を開けて、そこから内視鏡などを入れてお腹の中で操作をする手術です。

NewImage34-546x361

腹腔鏡下手術の長所

  • 傷や痛みが少ない
  • 回復が早い
  • 入院期間が短い

腹腔鏡下手術の短所

  • 筋腫が大きい、数が多いと難しい
  • 手術中に開腹手術へ行こうする場合あり

子宮鏡下手術は膣の方からカメラを入れて操作するという手術です。

子宮鏡下手術の長所

  • お腹や子宮に傷ができない
  • 回復が早い

子宮鏡下手術の短所

  • 適応が限られている
  • 一度にとりきれないことがある
スポンサーリンク