老眼の原因、初期症状、抑制方法は?

年齢とともに目の機能はどうしても衰えてしまいがちです。最も身近な目の症状としては、老眼が挙げられるのではないでしょうか。実際に老眼ではどんな症状が出るのかや、もしもなってしまった時にはどうすれば良いのかについて、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

老眼になってしまう原因とは?

目には水晶体という、ピント調節機能を持った部分が存在します。そして、水晶体を上から吊り下げる、毛様体小帯というものがあり、ピントを近くのものに合わせる際にはこの部分が緩んで水晶体を厚くして対応します。

すると、目は近いものをはっきりと見ようとできる状態になります。遠くのものを見るときには、反対の動きをしてピントを遠ざけようとするのです。

老眼になってしまうと、まずは水晶体に柔軟性がなくなり、硬化する動きか生じます。

毛様体小帯が緩んでも、それに合わせて水晶体が動きにくくなり、ピントが合わず視界がぼやけることに繋がります。こうした水晶体の変化が、老眼のメカニズムとして挙げられています。

老眼が発生する年齢は?

老眼の症状が発生してくる年代は、一般的には40代であるとされています。多少の前後はあるものの、40~45歳頃に老眼の症状が始まったと感じる人が、高い割合で見受けられています。

人によっては30代のうちから発生したり、50代以降から老眼が生じたりするなど、個人差が大きいことも特徴です。

また、昨今は若い年齢からの老眼の進行も問題となっており、目を酷使するなど老眼になりやすい要因を取り除くことが、年代に関係なく推奨されることにも関わってきています。

老眼の初期症状とは?

人によって、老眼であると実感するきっかけになる出来事は様々であると考えられています。初期症状としてよく挙げられているものは、ピントを合わせることに時間がかかってしまうという例です。

近い点、遠い点を交互に見た際に、ぼやける時間が長くなってしまうということが多く、疲れ目かもしれないと思ってしまうような症状であるとされています。

こうしたピントの調節がうまく行かなくなることに気付き、自分が老眼であると知った人は、非常に多く存在すると思います。

また、針に糸を通しにくくなったり、新聞の字が見えにくくなったと感じたりすることが、初期症状として現れることもよくある例として挙げられています。

目の見え方やピントの合わせ方に変化が発生することが、老眼の初期段階の特徴として挙げられるのではないでしょうか。

症状はどのように進行するのか?

老眼の症状の進行度合いも、人によってばらつきがあるとされています。一般的には徐々に時間を掛けて老眼の進行することが多く、少しずつピント調節機能が衰退していきます。

しかし、人によっては老眼に気付いてから短い期間で症状が進行し、日常生活に支障の出る場合もあると考えられています。

また、一定のところまで症状が進み、老眼がそこで止まる場合もあると考えられており、個人差のあることがポイントとなっています。

老眼になったからといって、すぐに目が見えにくくなる可能性は低いものの、生活環境や目の疲れ度合いなどによって進行するスピードは大きく変化するということを把握するべきでしょう。

極端に老眼の進行が早いと感じる場合には、眼科を受診するなど早めの対処が必要となってきます。

スポンサーリンク

老眼の症状が気になる場合は?

日常生活において、老眼の症状が辛いと感じたり、支障が出てきたりする場合には、眼科を受診して老眼を含めた疾患のチェックを受けることが推奨されています。

多くの場合は老眼の症状として診断結果が出るものの、稀に重篤な疾患が隠れているケースもあると考えられています。

視界がぼやけるような感以外に、明らかに視界が掛けてきている場合や、色の見え方に異常がある場合などは、老眼以外の問題があることも想定されています。

万一そのような症状も同時にある場合は早急に眼科に行くことが重要となります。また、老眼とみられる症状のみであっても、普段の生活で問題がある場合は、適切な処置を受けたり、検査を受けたりすることによって対処方法が明らかとなります。

必要に応じて、病院での診察を受けることも視野に入れることが望ましいのではないでしょうか。

老眼の矯正アイテムは上手に活用

比較的老眼が進行している人は、老眼鏡を新しく作って、日常生活で掛けるようになることが多いとされています。

また、近眼で既にメガネやコンタクトレンズを使っている人も、見るものに応じて使い分けるなど、上手に視界を良好に保つためのアイテムを利用することが推奨されています。

老眼鏡などのアイテムは、常時掛ける場合やものが見えにくい時のみ使う場合など、人によって利用頻度は違ってきます。

そのため、自分にとって使う必要のあるタイミングで、うまく老眼鏡などを利用することがベストであると考えられています。

また、遠近両用メガネも最近では普及し、利用される頻度が高くなっています。全視界メガネと呼ばれるものも派生して登場しているため、老眼鏡と併せて利用することを検討してみることも、選択肢として挙げられるのではないかと思います。

若い人に見受けられるスマホ老眼

加齢による老眼以外にも、最近ではスマホを利用する若者にも、老眼の心配が出てきつつあると考えられています。

ディスプレイやスマホ画面などで目を酷使することによって、老眼になる年齢が早くなる危険性があると考えられており、近年は特に関心が強く示されているのではないかとみられています。

こうしたスマホ老眼に関しては、早い場合には20代から発症する可能性があるため、頻繁にスマートフォンを操作する人は注意するべきと考えられています。

眼科においても、スマホ老眼対策を行うところが増え始めているため、スマホで目を酷使して疲れていると感じる場合には、できるだけ早く眼科ほ受診することが望ましいとされています。

日常的なアイケアは老眼の進行を抑制

老眼の進行を抑制するためには、日常的に目のケアを進めることは有効であると考えられています。パソコンやスマホなどの画面を長時間見る人などは、特に目の休息時間を多く確保するように努めましょう。

老眼は目が酷使されると進行スピードが早くなることが懸念されており、休養をとってあげることが大切であると推奨されています。

目をホットタオルなどで温めることは、休養の効果を高める可能性があるとみられているため、老眼の人にも実践するべきケアとして挙げられています。

このようなアイケアを意識的に行うことが、老眼の進行スピードを少しでも遅らせることに繋がるとみられ、実践する価値があると言えるでしょう。

まとめ

老眼については、加齢に伴い症状が進行するものとされていますが、スマートフォンで目を酷使する人にも危険性があることは、近年関心の集まるトピックとして挙げられています。

そのため、現在は年代に関係なく老眼について正しい知識を持ち、必要に応じて病院での診察を受けたり、老眼鏡の使用を考えたりすることが求められていくのではないかと思います。

スポンサーリンク