眼精疲労の原因、治療、症状は?

現在の世の中ではパソコンがかなり普及しています。そして、最近ではスマートフォンがかなりの勢いで普及して来ました。

そんなパソコンとスマートフォンにある共通点は何でしょうか?それは使うためには必ず液晶画面を見るということです。

スポンサーリンク

眼精疲労の原因、治療、症状

パソコンとスマートフォンで眼精疲労に

パソコンを使う人は仕事で使用する人が多いと思います。そして、仕事が忙しいとパソコンの液晶画面を長時間見ることになります。

また、日常生活ではスマートフォンを利用する人が多いでしょう。街を歩けば、スマートフォンの液晶画面を見ている人をたくさん見かけます。

液晶画面を長時間見ていると、どうなるのでしょうか?当然ですが目が疲れます。しかし、仕事が忙しいと目が疲れていても、ずっとパソコンの画面を見ていなくてはいけません。

そして、今のスマートフォンはとても便利で、使う人にとっては日常生活の一部になっています。

日常生活の一部になっているのであれば、目が疲れていてもスマートフォンの画面を見ることは、なかなかやめられません。

そのような状態でパソコンやスマートフォンを見続けていると、どうなるでしょうか。目がさらに疲れて、眼精疲労という症状が出て来ます。

スポンサーリンク

眼精疲労と眼疲労の違い

目が疲れていると必ず眼精疲労になるわけではありません。眼精疲労の前の段階の症状があるのです。それは眼疲労というものです。

もし、目が疲れていても休めば回復するのであれば、それは眼疲労という症状になります。しかし、眼精疲労というのは、目が疲れているから休んでみても、疲れが取れない状態なのです。

具体的に言うと、目を休ませても目に痛みがあったり、視界が霞んでいる状態です。また、頭痛が起こることもあります。

休ませても疲れが取れないというのは、ちょっと怖い状態ですね。もし、まだ目を休ませれば回復する眼疲労の状態であるならば、しっかり目を休める時間をとった方がいいですね。

眼精疲労と老眼の関係

目を休ませても目に何か異常があるから、すぐに眼精疲労だと判断するのは早計です。目に何か異常を感じたら、まず眼科のお医者さんに診てもらいましょう。

そして、眼科のお医者さんから眼精疲労という診断結果が出れば、その人は眼精疲労なのですが、この眼精疲労の診断結果が出る人の多くには、ある共通点があります。

それは眼精疲労は、40代以降の人に多いということです。40代以降というのは老眼が始まる年齢でもあります。

つまり、老眼で目が衰えはじめていることが原因で、眼精疲労という症状が出やすいのです。老眼の進行と眼精疲労が同時に起こっている人には、お医者さんから目を休めることと、老眼鏡をつけることを勧められることが多いです。

また、パソコンの使いすぎが原因による眼精疲労であるならば、ブルーライトカットの眼鏡をつけることを勧められます。

そうなると老眼の人は、老眼鏡とブルーライトカットの眼鏡を2つ使わなくてはいけないのかと思ってしまいますが、今はブルーライトカットの老眼鏡が売られていますので、眼鏡を2つも使う必要はありません。

それから、スマートフォンの画面からもブルーライトは出ていますから、スマートフォンの使用中もブルーライトカットの眼鏡をかけていることが望ましいのですが、今はスマートフォンのブルーライトをカットするというアプリがあります。

また、スマートフォンの画面にブルーライトをカットするフィルムをつけるという方法もあります。必要に応じて使い分けるといいでしょう。

スポンサーリンク

眼精疲労とドライアイ

老眼の人に眼精疲労が多いのであれば、若い人には少ないのだろうと安心しがちですが、若くても目を酷使すれば眼精疲労になります。

老眼ではない若い人でも、ドライアイという症状がある人が多いのです。これはコンタクトレンズを使っている人に多いと言われています。

若い人であると、視力が悪くてもメガネをかけることに抵抗がある人は多いでしょう。そのため、コンタクトレンズを装着している若い人は多いです。

そして、最近は様々な種類のコンタクトレンズが出て来ています。おしゃれを意識したコンタクトレンズも多いです。

しかし、コンタクトレンズを装着していると目が乾燥しやすくなります。その結果、コンタクトレンズをつける人にドライアイが多いのです。

また、目が乾燥していると、目の中に傷がつきやすいですから、これにも注意したいです。若い人でも眼精疲労に注意して、もし目を酷使しているのであれば、しっかり目を休めるようにしましょう。

また、斜視(しゃし)や斜位(しゃい)の人がいます。これは両目の目線が一致しないことが原因で起こる状態です。

斜視や斜位になるのは、多くは幼児期であると言われていますので、老眼に関係なく若い人にも多くいます。

両目の目線が一致しない状態だと目が疲れます。そのため、これが眼精疲労に繋がる可能性があります。

心理的要因で眼精疲労になる?

眼精疲労は老眼や目の酷使などが原因で起こると、ここまで言って来ましたが、心理的要因から眼精疲労になることもあります。

多いのは仕事でのストレスが原因になることです。そして、自律神経失調症などの神経の乱れが、眼精疲労に繋がることがあります。

心理的要因の眼精疲労では、眼科以外のところでの診察も必要になるでしょう。

眼精疲労には必ず治る治療方法がない?

眼科のお医者さんから眼精疲労であると診断された場合、ほぼ必ず目薬が処方されます。眼精疲労の人からすると、処方された目薬で治ることを期待したいところです。しかし、眼精疲労にはこれで必ず治るという方法はありません。

処方された目薬で治る人はいるかもしれませんが、目薬で治らない人は多いです。ですので、目薬に頼りすぎず眼精疲労になった原因を知っておくことが大事です。

老眼が原因であれば、老眼鏡をかける必要があるでしょう。そして、疲労が原因であれば、目を休ませることが大事です。

おそらく眼精疲労の多くの人は、目を休ませることを眼科のお医者さんから言われるでしょう。

その時には、目をタオルなどで冷やしたり、暖めたりするように言われるかもしれません。目を冷やしたり、暖めるとどうなるかというと、目の周りの血液の循環がよくなります。

そして血液の循環が良くなれば、目の周りの筋肉の中にある老廃物が排出されるのです。目が疲労していると、目の周りの筋肉が硬直していることがあります。

しかし、もし目が充血している場合は、目を暖めることはお勧めできません。目の充血が酷くなる可能性があります。

それから、コンタクトレンズによるドライアイが原因の眼精疲労の場合は、処方される目薬が重要になります。

これは目薬で眼精疲労が治るかどうかというよりも、コンタクトレンズによるドライアイには、防腐剤の入っていない目薬の点眼が重要なのです。

コンタクトレンズが原因でドライアイになると、目が乾燥して傷がつきやすくなりますが、その時に防腐剤の入っている市販の目薬を点眼すると、悪影響が出ることがあります。

コンタクトレンズに防腐剤がくっつく可能性があるのです。そのため、防腐剤の入っていない目薬がお医者さんから処方されます。

そして、普段使う市販の目薬も防腐剤の入っていないものを使うように言われます。病院で処方される目薬にしか防腐剤の入っていない目薬がないということはなく、防腐剤の入っていない目薬は市販されています。

しかし、防腐剤が入っていないと使用期限が短くなるので、そこには注意しましょう。

スポンサーリンク