パーキンソン病のリハビリの効果と種類

パーキンソン病の治療ではリハビリと薬があり、治療が開始されたら薬の服用と運動などのリハビリをすぐに開始します。リハビリの方法や転倒防止のことなど紹介します。

スポンサーリンク

パーキンソン病は体の動きが遅く小さくなる病気で、自覚する以上に動きが鈍くなってきます。なので気持ちの上でも体を動かすのが億劫になってしまったり、不安になったりします。

その状態だと病気の症状以上に体が動かなくなってしまいます。症状を悪化させないために意識して体を動かすことが大切です。

パーキンソン病のリハビリの種類と効果

体力を保つためのウォーキング

  • 毎日20〜30分
  • 動作や姿勢の練習にもなる

一人で歩くなのが不安であれば家族などと一緒に行いましょう。歩幅が小さい、腕の振りが小さい、前かがみになりやすく、つま先から着地するのも特徴です。

なので意識して大きな動きをするのが大切です。具体的には次のような動きを意識してみましょう。

  • 腕の振りを大きくする
  • 膝を上げるか
  • かとから着地
  • 歩幅を大きく

恥ずかしがらずに大げさだと思うくらいでいいので意識して歩いてみてください。ウォーキング用のストックを使用するのも良いと思います。

ストックを使うと前かがみだったのが補正されて姿勢が良くなりますし、転倒予防にもなります。ストックはスポーツショップなどで購入することができます。

リズム・音楽

パーキンソン病の患者さんはすくみ足などで最初の1歩が出にくい時があります。そのような時は「1・2・1・2」と掛け声をすると足が前に出やすくなります。

自分で声を出すのが嫌なのであれば周囲の家族などが掛け声をしてあげても大丈夫です。パーキンソン病は脳がリズムをとることが難しくなっているので、それを補うものだと考えられています。

音楽のリズムに合わせて歩いても良いです。歩いている時だけでなく室内で音楽を聴いているだけでも効果はあります。(音楽療法)

好きな音楽で構いませんが、できればリズムのはっきりとした音楽がオススメで、音楽を流しながらメトロノームでリズムをはっきりさせると効果的です。

この音楽療法を継続すると歩く速度が速くなったり歩幅が広がるなどのデータもあります。

柔軟性を保つストレッチ

ひねる動きが不得意なので、立ったまま体を左右にひねったりするだけでも効果があります。

スポンサーリンク

筋力を保つトレーニング

簡単なトレーニングで構いませんので、スクワットや椅子に座ったり立ったりなどでも効果があります。運動は無理をしないのも大事なので、必ず医師に相談してから行うようにしましょう。

パーキンソン病は筋肉の固さが痛みにつながってしまいますし、ドパミンが不足していることで痛みに敏感になっています。トレーニングを行うことでこの痛みを和らげることもできます。

介助が必要な方に合ったトレーニング方法もあるのでまずは専門医に相談してみて下さい。最近同じ薬を服用している患者さんで、運動していない人よりも運動をしている患者さんの方が効果が上がるということがわかってきました。

運動がドパミン神経にどのような影響を与えているのかはわかっていませんが、体を動かすことで脳の様々な神経の働きが活発になることは期待できます。

パーキンソン病は話し声の障害も?

  • 声が小さくなる
  • 早口になる
  • 言葉が出にくい

などの障害も起こってきます。口や喉の動きにもパーキンソン病の症状が影響を与えていることによるものです。

なので話し言葉のリハビリも大切です。自分でできるリハビリは次のようなものです。

  • 本や新聞を大声で読む
  • 会話の機会を増やす
  • カラオケで大声で歌う

声が小さくなることは中々自分では気づきにくいものです。やり過ぎかと思うくらい大きな声を出しても良いと思います。

客観的に自分の声の大きさを知るために録音してみるもの良いのではないかと思います。言語聴覚士が指導する専門的なリハビリもあります。(4週間の集中プログラム)

日本で行われている医療機関は限られていますので、医師に確認してみて下さい。他にも体の動きを大きくする専門的リハビリもあります。

動きの鈍さやバランスの悪さで半数の方は転倒し、その3分の2の方は転倒を繰り返すと言われています。

その恐怖心のため動くのが怖くなって動くのが億劫になってますます動かなくなってしまいます。まずは転倒に注意してリハビリを行っていきましょう。

転倒を防ぐにはは次のような方法があります。

  • 家の中を歩きやすくする(段差障害物をなくす・手すりをつける・床を滑りにくくする)
  • ストック・滑りにくい靴を履く
  • 歩くことに集中する
スポンサーリンク