パーキンソン病は手足の震えや上手く歩けなくなる病気!原因は加齢や遺伝子

手足が震えたり甘く歩けなくなったり動作がゆっくりしてしまうパーキンソン病の症状や原因、進行の仕方、診断方法など紹介します。

gen_silent_1

スポンサーリンク

パーキンソン病の症状

パーキンソン病は脳の神経に病変があり手の震えうまく歩けないなどの障害が徐々にあらわれる病気です。

日本の患者数は15〜18万人いると言われていて、高齢者に多く見られますが、若い方でも発症する病気です。

昔は寝たきりになってしまう病気というイメージでしたが、今では治療によって健康の人あまり変わらない生活ができるようになってきています。

手足が細かくふるえ、片方から始まりやがて両側に広がっていきます。多くの場合何もしていないときに震えるのが特徴で、何か動作をしているときはあまり震えることはありません。

また指先の細かい動きもスムーズにいかなくなり上手に動かすことができなくなります。歩くとき歩幅が小さくなったり遅くなったり、前かがみになったり手の振りが小さくなったり、ひどい場合足を引きずって歩くことも。

このように様々な動作が遅くなってしまうのがパーキンソン病の最大の特徴といえます。それに加えて筋肉の緊張も高まって固くなってしまいます。

55308be859aee11001ad5ade_lg

発症して数年経つと体のバランスも保てなくなります。主な症状をまとめると次のようになります。

  • 手足が震える
  • 動作が遅くなる
  • 筋肉が固くなる
  • バランスが保てなくなる

このような症状があるので足腰に痛みや疲労感があらわれることもあります。この運動の障害以外にも次のような症状がある場合があります。

  • 便秘
  • 嗅覚障害
  • 不安・うつ
  • 睡眠障害(レム睡眠行動異常症など)
  • 排尿障害
  • 起立性低血圧
  • 認知機能障害
  • 嚥下障害

これらは神経の病変が自律神経や歩行の働きにも関わる神経に及んで起こると考えられています。

うつは一般的な激しい落ち込みよりも、漠然とした不安や何事にも意欲がわかなくなるという症状が目立ちます。

睡眠障害は睡眠中の夢に合わせて声や体が動いてしまうレム睡眠行動異常症が起こってきます。

認知機能障害は料理をしたり買い物をしたりする際段取りをするのが苦手になってきたりします。

高齢者では認知症自体も合併しやすくなっていて、幻覚などの症状が特徴のレビー小体型認知症になることが多いです。

パーキンソン病の進行の仕方

5段階で進行していきます。

1度

片側に症状

2度

両側に症状

3度

バランスが保てない

スポンサーリンク

4度

介助が必要

5度

車椅子など

かなり長期間かけて進行するので、通常発症してから10〜15年、あるいはそれ以上かけて進行することがあります。

最近は医療技術が進んでいるので薬や治療で、進行しても症状をかなり抑えることが可能となっています。

原因

脳の中ではドパミンという神経伝達物質が減少します。神経伝達物質というのは神経の中で脳が信号をやり取りするのに必要な物質です。

体を動かそうとする時には大脳皮質から全身の筋肉に対して運動の指令が出されます。この運動の指令を調節するのに欠かせないのがドパミンです。

zu2

脳の奥にある黒質というところの神経で作られて、別の神経に送られて運動の指令の調節を行っています。

パーキンソン病は黒質の神経が減少し、そのためドパミンも減少してしまいます。その結果指令がうまくできなくなり体をうまく動かすことができなくなります。

黒質の神経が減少する原因ははっきりとわかっていませんが、加齢とともに黒質に特殊なタンパク質が溜まっていくことで、それが黒質の神経を障害しているのではないかと考えられています。

なのでパーキンソン病は加齢が大きなリスクと考えられ、65歳以上では100人に1人と決して少なくない病気です。

若年での発症は遺伝子の関与が強いと言われています。ただし遺伝子があっても子供に移転するとは限りません。心配な方は遺伝カウンセリングを受けてみて下さい。

また若年の方は進行がより遅く、高齢での発症に比べて認知症になりにくくなっているのも特徴です。

パーキンソン病に早く気づくには

手足の震えが最初にでてきます(片側・静止時)。歩き方を他人に指摘されることで気づくこともあります。

これらの症状が理由なく起こるとパーキンソン病を疑ってもいいと思います。怪しいと感じたら神経内科を受診して下さい。

診断方法

  • 問診(症状をきく)
  • 体の動きやバランスの検査

これらでパーキンソン病を疑えた場合に脳などあの画像検査を行って詳しく調べていきます。

その一つがSPECTという検査です。微量の放射性物質を注射して脳を輪切りにして撮影すると、脳の中に放出されて働いているドパミンを作っている神経の数がわかります。

img02

この検査は2014年から保険適用となっているので、以前よりもパーキンソン病を確実に診断できるようになりました。この他に他の病気と判別するためにCTやMRIの検査も行います。

パーキンソン病の発症前から気づくこともできます。パーキンソン病の前触れとして次のような症状があらわれます。

  • 便秘
  • 嗅覚低下
  • うつ
  • 睡眠障害(レム睡眠行動異常症)

手足の震えやこのような症状がある場合より受診がススメられます。現状ではこれらの症状だけではパーキンソン病の診断はできませんし、運動の障害を防ぐこともできません。

スポンサーリンク