子供のおねしょは夜尿症かも?病気の可能性も?

子供のおねしょが治らないことがあります。これは年齢にもよりますが、夜尿症という病気の可能性があります。

そして、他の体の異常がある可能性もあります。子供のおねしょの原因、治療法など紹介します。

スポンサーリンク

子供のおねしょ

どのくらいいるの?

子供のおねしょというのは夜間睡眠中におもらしをしてしまうことを言って、5歳未満の場合はあまり問題にはなりません。

5〜6歳を過ぎても月に数回以上夜間睡眠中のおもらしのことを「夜尿症」と言います。

5歳未満のおもらしとは分けて病気として扱われています。

夜尿症の患者さんは5〜15歳で、約80万人と推計されています。年齢とともに夜尿症の人は減ってきますが、成人しても200人に1人くらいはこの病気を持っている方がいます。

原因

原因ははっきりとはわかっていないのですが、考えられる原因として、

  • 尿の量が減らない
  • 膀胱が大きくならない

の2つが挙げられています。

baby-1151351_960_720

通常寝ている間尿が少なくなる用に作られているのですが、夜に主に分泌されるホルモン(抗利尿ホルモン)が十分でないために尿の量が減らなくなっているんです。

それによって膀胱からあふれて出てしまいます。

膀胱炎

膀胱側の問題としては、普通睡眠中というのは膀胱が大きくなります。それが十分に大きくならないためにおしっこを漏らしてしまうと言われています。

これらの理由としては、「睡眠のリズムが悪い」からです。

睡眠のリズムが悪いというのは自律神経の働きによってこれらのことが行われないのではないかと言われていて、最近では「遺伝」も関係あると言われています。

両親に夜尿症があるとお子さんに75%夜尿症があるという研究結果もあります。片親だけでも50%もあるそうです。

夜尿症の自然治癒率と受診のタイミング

夜尿症が自然に放っておいても治る割合は1年で約10〜15%と言われています。

本人や保護者が困っていたり、7〜8歳になっても毎晩おもらしをしてしまう人はなかなか治りにくいということがあるので受診をしましょう。

自然治療だと3年で約20%の人が治り、治療を行った場合は1年で約50%の人が治ります。3年では約80%も治ります。

放っておいても治る可能性はありますが、治療を行った方が早く治るのでオススメです。

夜尿症には別の病気が潜んでいることも?

発育が遅れている

全身の臓器、特に腎臓などの機能に問題がある可能性があります。

注意欠陥、多動、学習障害がある

脳から排尿をコントロールする信号をいかないのがおもらしをしてしまっていて、昼間のおもらしをすることも。

尿路感染症、膀胱炎にかかったことがある

これも腎臓に異常がある可能性があります。

背骨、お尻に皮膚に異常がある

脊髄の神経の中に腫瘍ができていて、それが信号を阻害している可能性があります。

昼間のおねしょがある人は要注意です。これらは早期発見をして治療を行わなければいけないので、少しおかしいなと感じる親御さんは受診された方が良いかと思います。

夜尿症の治療法

夜尿症の治療には大きく分けて薬と夜尿アラームというものがあります。一番大切なのは生活改善なので、規則正しい生活もしなければいけません。

スポンサーリンク

生活改善

早寝早起き(休日も)だったり、夕食は寝る2〜3時間前に済ませたりして睡眠の質をあげたりします。

水分を摂ってから膀胱にたまるまでには2〜3時間かかりますので、それを逆算して夕食を摂るようにします。

水分の摂り方

夜水分の制限をしなければいけないので朝食や昼食時にたくさん摂るようにします。そして夕食から就寝までは控えめにします。

children-409228_960_720

喉が渇かない工夫

塩分を摂りすぎないようにしたり、糖分や果物を摂りすぎないようにします。

摂りすぎてしまうと血が濃くなって喉が乾いて水分を多く摂ってしまいます。特に炭酸飲料やジュースは避けるようにしましょう。

夜尿症というのは世界共通の問題なので国際的に標準化された治療法となっています。これらを実行してもよくならない場合は夜尿アラームと薬を使った治療法になります。

薬は抗利尿ホルモン(尿が多く作られるのを抑える薬)が使われます。

点鼻薬や舌下錠(水が入らない薬)があって、就寝の30分〜1時間前に服用し、約3ヶ月継続使用します。

商品名 おねしょモニター
価格 8,200円
アラーム療法 この療法で行うとラーニングは、おねしょをした時に起こして排尿を抑制させることが目的です。おねしょをした時に起こして排尿させることが目的ではありません。睡眠中適当な時間に起こして排尿させても(例えば親が就寝する頃に起こして排尿させても)、トレーニング効果はありません。
  このトレーニングでは、数ヶ月で70%もの効果が現れると言われています。しかし、夜間にアラーム音で目覚めない場合は起こしてあげなければならないので、家族の根気よい協力が必要な場合もあります。

夜尿アラームというのは器具(保険がききません。器具は市販でも売っています)を使った治療法で、水や音に反応してアラームが鳴る器具を装着して寝ます。

なのでおもらしをするとアラームが鳴ります。

これによって排尿を一時的に止めることができるので、徐々に膀胱が大きくなって治していくことができます。

ただし周りの家族に影響を与えてしまうということもあるので、薬か夜尿アラームどちらの治療法を選ぶかは小児科の医師と相談してください。

スポンサーリンク