ノロウイルスの予防はヤクルトでできる?

冬の時期(11月~3月くらい)になりますとインフルエンザやノロウイルスなどが流行ります。

受験生や就活中の方は注意しないと取り返しのつかない大変なことになってしまいますよね。ノロウイルスの予防法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ノロウイルスとは?

ノロウイルスとはウイルス性食中毒で急性胃腸炎を引き起こします。胃腸炎とは少し違って激しい腹痛や下痢、発熱だけでなく「嘔吐」が止まらなくなります。潜伏期間は2日です。

昨年私も経験しましたが死ぬかと思いました。初めて救急車呼ぶところでした。下痢をしながらの嘔吐で、おさまったと思いきやすぐにまた吐きたくなるのでかなり辛いです。

ひどいときには脱水症状などで死んでしまうこともあるそうです。1度感染しても関係なく何度でも感染してしまうらしいので本当恐ろしいです。

ノロウイルスに感染してから吐き気がトラウマになりました。「ウイルス界のフェラーリ」と言われるほど早く周りに感染していくので集団感染しやすいのです。

ノロウイルスはこの二次感染も厄介なんです。例えば感染者の便や嘔吐物は大量にウイルスがいるので、近くに家族や恋人などがいるとすぐに感染してしまいます。

他には調理している方が感染していたら、その食品に汚染し、感染してしまいます。すぐに広まっていくので周りにかかってしまった人がいたらすぐに予防しましょう。

スポンサーリンク

ノロウイルスの予防はヤクルトで?

感染を防ぐには常日頃からの予防が必要になってきます。これは知っている方が多いと思いますが手洗いうがい、マスク、食べ物(貝類、生もの)を気を付けていればそれだけでかなりの予防になります。

実は「ヤクルト」もノロウイルスの予防になります。ヤクルトに含まれている乳酸菌の一種のカゼイ・シロタ株がノロウイルスの予防に効果的だそうです。

このカゼイ・シロタ株は胃液などの途中で死なず、排便まで生きて続けていけます。生きたまま腸まで届くので、腸が整い免疫が高くなります。

ヤクルト以外ではヨーグルトにも含まれていますが、なんのヤクルトやヨーグルトでも良い訳ではなく「ヤクルト400」や「ヤクルト300V」などの数字が後ろについているものが良いです。(「ヤクルト80Ace」は例外)

この数字はこの株の数で「ヤクルト400」なら400億個の株が含まれているということです。ヤクルト400は普通のヤクルトの3倍くらい株が入っています。

株が多ければ多いほど生きて腸まで届くということです。ノロウイルスに感染してからでも遅くはなくて、感染中に飲んでもウイルスを殺してくれるので効果は期待できます。

カゼイ・シロタ株は10度以上になってしまうと死んでしまうので、なるべく温めないように保冷して下さい。死んでしまっては効果が得られない可能性もあるので。

経験したから言えますがノロウイルスは恐ろしい感染病です。できるだけこの時期は早めに予防をして感染しないようにするのをお勧めします。

スポンサーリンク