猫背でなってしまう病気は、意外に多い?

猫背になると「元気が感じられない」、「老けて見える」など、外見が悪くなりがちです。外見の悪さは問題ですが、それ以上に関節や筋肉に悪影響を与えていることの方が問題です。

猫背の姿勢が習慣になると、特定の筋肉や関節に過剰な負担がかかり、コリや痛みなどのトラブルが発生してしまいます。

首、肩、背中、腰、ひざなどの不調や痛みは猫背から始まると言える部分もかなりあります。一口に猫背といってもいくつかのタイプがあります。まずは代表的な4つの猫背のタイプをご紹介します。

スポンサーリンク

猫背のタイプ(種類)

首猫背タイプ

頭が前方に大きく突き出ているタイプの猫背です。横から見ると背中は比較的に真っ直ぐなのに対して、首が斜め前方へ大きく曲がっています。

首猫背を放置していると、次に紹介する猫背に進んでしまうことが少なくありません。

背中猫背タイプ

多くの人がイメージしがちな、典型的なタイプの猫背です。乳首の高さくらいの背中側の真ん中に丸まりの頂点ができます。

背中が丸まると必然的に両肩が落ちて前に出るため、背中のたてのラインだけでなく、背中から両わきにかけて横のラインも丸くなっていきます。

上半身の重心が前方に移動するため、バランスを維持しようとして下腹部が前にでたり、ひざが曲がってきたりするのも大きな特徴です。

腰猫背タイプ

腰全体が丸くカーブしているタイプの猫背です。日頃、ソファーなどで腰を丸めて座っていたり、椅子に浅く腰をかけて骨盤を寝かせて座っていたりすると、腰猫背が進みやすくなります。

隠れ猫背タイプ

背中は丸まっているのですが、腰が大きく反っているため、一見姿勢が良く見えてしまうタイプの猫背です。

腰を反ってお腹を前に突き出したりひざを少し曲げたりすることでバランスをとっていて、上半身の重心を後方に戻しているのが大きな特徴です。

これら4つの猫背のタイプには共通する問題があります。それは体の柱(背骨)を正しく使えていないということです。

柱を正しく使えずに猫背を進行させてしまうと、首、肩、背中、胸、腰、ひざといった各関節に痛みやトラブルが生じてしまいます。

 

猫背の影響でなる病気や症状

首に現れるトラブル

前かがみでバランスの崩れた姿勢が習慣になってくると、背骨の首の部分(頸椎)がだんだん重い頭を支えられなくなり、首猫背のように頭を斜め前方に突き出した姿勢が定着してしまいます。

首猫背になると、頚椎のクッション機能が低下して、頭の重みがじかに頸椎にかかることになり、頚椎関節を痛めやすくなります。

頚椎症や頸椎椎間板ヘルニアになる人も少なくありません。また首猫背が進むと、今度は両肩が前に出て背中が丸くカーブするようになります。

頭の重みを頸椎だけでは支えることができなくなり、背骨の胸の部分(胸椎)まで曲がってくるようになります。

スポンサーリンク

さらに前傾する上半身を支えようと、下腹を前に突き出したり、ひざを曲げたりしてバランスをとるようになり、しだいに、背中猫背→腰猫背→隠れ猫背へと進行ていきます。

肩、背中に現れるトラブル

肩こりがひどい人は、背中も凝っていることが多いです。なかでも、左右の肩甲骨の間(背中の真ん中あたり)にコリや張りを感じているのなら、猫背が相当進んでいると思われます。

コリや張りなどの症状は肩や背中を丸める姿勢の悪さが原因の1つです。猫背の姿勢で頭や両腕をずっと前に出していると、自然に両肩が前に出て背中が丸まってしまうものです。

すると肩甲骨の間が開いて筋肉が左右から引っ張られるようになります。この状態を長時間続けていると、肩や背中の中央部の筋肉が緊張しっぱなしとなり、凝り固まってしまいます。

また猫背の人は四十肩や五十肩になりやすくなります。猫背の姿勢で、肩の筋肉が引っ張られ肩関節全体の動きが悪くなると、肩関節の炎症や癒着が起こります。

肩関節へ長年にわたって負担をかけ続けたツケが、「腕があげられない」「肩が痛い」「ブラジャーをつけられない」といった四十肩、五十肩の症状として噴出します。

胸に現れるトラブル

猫背の人の中には、肋間神経痛を訴える人も大勢います。肋間神経痛は、30代の女性に多く、胸、わき腹、背中にかけて、あばら骨に沿って鋭い痛みが現れるのが特徴です。

痛みの原因は、胸椎の椎間関節が肋間神経を圧迫しているためと考えられます。猫背でいつも頭が前に出ていたり、上半身が前傾していたりすれば当然、頸椎や胸椎にかかる負担も大きくなります。

すると頭や上半身の重みによって次第に胸椎と胸椎の間が狭くなり、神経が押しつぶされるようになって痛みが引き起ります。

腰に現れるトラブル

猫背から腰痛をこじらせている人も多いです。腰は柱(背中の腰椎)と土台(骨盤)がスムーズに連携することによって機能しています。

柱と土台の連携に欠かせない働きをしているのが、骨盤の「仙腸関節」です。仙腸関節は、骨盤中央にある仙骨と左右の腸骨との境目にある関節で、前後左右に数ミリほどの可動域があります。

仙腸関節は体全体のクッションのような役割を果たしていて、体の重みや衝撃を上手く逃がします。

しかし猫背などの姿勢の悪さのために仙腸関節が機能不全に陥ると、腰椎に過剰な負担がかかり、腰痛を引き起こしてしまうケースが非常に多くなっています。

背中の最も太い筋肉である脊柱起立筋は、先端が仙骨にくっついていて、柱と土台を連携しやすくする働きを担っています。

しかしいつも丸めた姿勢をとっていると脊柱起立筋が緊張し、末端の仙骨が引っ張られ続けます。すると、仙骨の位置がずれて仙腸関節の動ける範囲が狭くなってしまいます。

中には、仙骨が腸骨に乗り上げるような形で固定されてしまい、仙腸関節のクッション機能がほとんど働かなくなることもあります。

その結果、荷重負担が腰椎にばかりかかり、腰椎椎間板ヘルニアをはじめとするさまざまな腰痛の症状を引き起こしてしまいます。

ひざに現れるトラブル

全身の関節はつながっていて、上半身の関節に加わる力のバランスが悪くなれば、下半身に加わる力のバランスも悪くなります。

重い頭が全方向に傾いて、首、肩、背中、腰の順で徐々に全方向に曲がっていくと、前かがみになろうとする上半身を支えるために、下半身ではひざを曲げて重心を後ろに移動してバランスを維持しようとします。

ひざ関節には普通に歩いている時でも、体重の3~8倍の重みがかかっていると言われています。ひざを曲げて体の重みを支えれば、当然ひざ関節に負担がかかります。

過剰な負担がかかり続けたひざ関節では、軟骨がすり減ったり変形したりして、変形性ひざ関節症引き起こしてしまいます。

猫背が招く首、肩、背中、腰、ひざなどのトラブルの予防、改善には、日ごろから正しい姿勢をとるように意識することが大切です。正しい姿勢を意識して生活を送るように心掛けましょう。

スポンサーリンク