熱中症の予防の食べ物や成分は?

日に日に暑さが増してくる今日このごろ。気温が高くなるに連れ、心配されるのが熱中症です。近年、熱中症の怖さが叫ばれるようになってきましたが、それでも毎年熱中症により病院に運ばれる人が跡を絶ちません。

熱中症は、汗をかくことで失われた栄養素が不足することで起こるという事は、皆さんもご存知のことと思います。

スポンサーリンク

熱中症のメカニズム

色々なメディアでも、このことは多く取り上げられているので、周知の事実となっていると思いますが、もう一度、なぜ熱中症になってしまうのかということを説明したいと思います。

春から夏にかけ日中や夜間の気温がどんどん高くなっていきます。気温が高い状態が長く続くと、体温を下げるために汗をかきます。汗をかくことで、水分・ミネラル・塩分が失われます。

この水分・ミネラル・塩分が不足すると、体温調節ができなくなってしまい、めまいや頭痛、吐き気、失神、重度になると意識障害まで起こしてしまいます。

これが、熱中症です。そうならないために、経口飲料水やお茶等で水分をこまめに摂ることも大切ですが、日頃の食事で体の中から対策をとることも大切です。

熱中症対策に必要な成分とは?

熱中症対策で最も重要になる成分が、

  • 水分
  • 塩分
  • ミネラル(特にカリウム)

になります。体の水分減少が、熱中症の大きな原因となり、汗と一緒に塩分やカリウムも一緒に排出されるため、補給が必要となります。

カリウムは、体内の水分を保持しているため、減少すると、細胞内の脱水症状に繋がります。

他にも、糖質やビタミンB1、クエン酸も熱中症対策には、重要になってきます。

糖質は、体内の吸収を促し、ビタミンB1は、その糖質の分解力をサポートしています。また、クエン酸は、疲労回復が期待できます。

成分別の熱中症の予防効果のある食べ物

《カリウムを多く含む食べ物》

  • じゃがいも
  • いんげん豆
  • そら豆
  • ひじき
  • 海苔

など

《ビタミンB1を多く含む食品》

  • 豚肉
  • ハム
  • うなぎ
  • 海苔
  • 乾燥大豆

など

《クエン酸を多く含む食品》

  • 梅干し
  • レモン
  • オレンジ
  • グレープフルーツ
  • 黒酢

など

上に書いた食品は一部ですが、夏には、上記の食品を意識しながら食事する事で、熱中症対策にも繋がります。

熱中症に効果的な食べ物5選

梅干し

熱中症で失われやすい塩分やミネラルを、最も効率よく摂る事のできる食べ物が、日本古来からの漬物の一つである梅干しなのです。

スポンサーリンク

梅には、もともとミネラルが豊富に含まれており、それを食塩で漬けることで、塩分とミネラルを同時に摂ることが出来るため、熱中症対策に万全の食品になります。

更に、梅干しにはクエン酸も多く含まれており、そのクエン酸が疲労の原因である乳酸の発生を抑えてくれるので、夏バテにも効果が期待されます。

そして何よりも、コンビニなどで手軽に買え、しかもカバンに入れて持ち運んでも、大して邪魔にならないため、ちょっとした移動中に摂取できるところが、一番良いところでしょう。

ただし、塩分は摂りすぎるとのどが渇いたり血圧が上がるので、食べ過ぎには注意しましょう。

スイカ

夏の風物詩であるスイカは、その90%が水分なので、水分補給にはもってこいの食べ物です。

さらに、糖分やカリウム・マグネシウム等、多種多様なミネラルが多く含まれています。このスイカに、食塩をパラパラとかけてから食べれば、まさにスポーツドリンクと同じような効果が期待できます。

カレーライス(豚肉入り)

カレーライスの具である豚肉とじゃがいもは、両方とも熱中症にこいうかのある食べ物です。

豚肉には、ビタミンB1が多く含まれ、多くの蛋白質を摂取することが出来、熱中症になりにくい身体を作ってくれます。

じゃがいもは、ミネラルの一種であるカリウムの含有量が、野菜の中でもダントツに多く、疲労回復効果の高いパントテン酸を多く含んでいます。

どちらの食材も、失われた成分を補うというわけではありませんが、熱中症になりにくい体づくりをしてくれます。

トマト

トマトには、カリウム、クエン酸の他リコピンなどの豊富な栄養成分が含まれています。上でも述べているとおり、汗をかくと失われるものの一つがカリウムを含むミネラルなので、その補給をすることができますし、クエン酸は疲労回復には欠かせない栄養素です。

夏は、きつい紫外線により身体の中で活性酸素が発生しやすくなり、疲れがたまる原因となります。しかし、リコピンには、強い抗酸化作用があり、活性酸素を抑えてくれます。

塩熱飴

塩熱飴は、汗をかいた事で失われてしまう塩分やクエン酸などの栄養素が、飴の中に配合されています。その為、梅干しと同様の効果が期待できると注目されています。

飴なのでこちらも梅干し同様携帯に便利で効率よく熱中対策ができます。

気温が上がると共に必ず話題に出てくる熱中症。

メディアでは、その注意喚起であったり対処法を紹介したりする番組が見られ、多くの人が水分補給に気をつけるようになってきたと思いますが、今年はそれに加え、普段食べる食事からも熱中対策をし、万全の体制で暑い夏を乗り切りましょう。

スポンサーリンク