緑内障の症状は?早期発見、治療、副作用は?

なぜ緑内障に気付きにくいのか、治療法はどのように進めていくのか、原因、症状、薬の副作用など緑内障について紹介します。

スポンサーリンク

緑内障とは?

緑内障の割合は40歳以上の人だと20人に1人、年を重ねるごとに緑内障になってしまう人は増えていくので70代は多く7~8人に1人と推定されています。

緑内障の人は視野が欠けて見えたりし、進行するにつれて視野の欠けている部分が大きくなり見える範囲が狭くなってきます。

しかも、この欠けた視野は治療をしても元には戻りません。できるだけ早く見つけることが大切になりますが、進行しなければ見つかりにくいということも多いんです。

放置していると失明してしまう場合もあり、日本の中途失明に最も多い原因が緑内障です。

視覚的なことなので気づけるのではないかと思いますが、緑内障になかなか気付けないことが多いんです。

欠ける部分が小さいと見えない部分を脳がイメージで補ってしまいます。

198849282_624

そして、片目だけ視野が欠けていて、もう片方の目がしっかり見えている場合には、緑内障でない目で補ってしまうので気づきにくいと言われています。

特に自覚症状がないため気づいた時には進行していることが多いです。かなりやっかいな病気ですね。

進行した場合の緑内障の自覚症状は?

  • 読書が困難
  • 文字が上手く書けない
  • 自動車の運転が困難

こちらの症状は進行してからの症状なので、これらで気づく前に自分で気づくことが大切です。

pen-beats-1038x576

緑内障のメカニズム

目は丸いので目の中には眼圧というものがあります。

目の前の部分に水が溜まっていて(房水)、目の中にでき、隅角という部分から外に出ます。このできる房水、出ていく房水のバランスで眼圧が保たれています。

緑内障になると出ていく房水が少なくなって眼圧が上昇し、それによって目の後ろにある視神経が圧迫され、視神経が段々ダメージを受けていき緑内障になってしまいます。

スポンサーリンク

緑内障になると隅角が閉じたりして房水が出ていかなくなってしまいますが、眼圧も隅角も正常な人も緑内障になってしまう場合があります。

視神経が弱くなっていると正常な眼圧(10~20mmHg)も支えきれなくなり、視神経が圧迫され緑内障になってしまうんです。

日本人の緑内障になる人の7割はこれが原因と言われています。

ぶどう膜炎や糖尿病網膜症などの目の病気で眼圧が上昇するということもありますし、目薬の多くに含まれているステロイド薬を点眼していると眼圧が上昇することもあります。

緑内障の早期発見は?

気付く前に検査を受けるのが1番大切です。

年齢が高いということがリスク要因となるので、40歳以上の方は1年に1度検査すると進行してから気づくということを防ぐことができます。

検査方法として視野検査、眼圧、網膜(眼底検査、OCT)、視神経の検査をします。これらの検査することで初期の場合でも緑内障を見つけることができることがあります。

緑内障の治療方法

眼圧を色々な方法で下げるのが主な治療法です。点眼薬やレーザー治療、手術などがあります。

ほとんどの緑内障は点眼薬で治療を開始しますが、進行度によっては手術から始めることもあります。

点眼薬は房水が流れやすくなるタイプ(プロスタグランジン関連薬)と房水が作られにくくなるタイプ(β遮断薬、炭酸脱水水酵素阻害薬)のものがあります。

これらの点眼薬を組み合わせて使ったりもします。しかし、副作用がでることもあります。

緑内障の点眼薬の副作用

  • 目がしみる
  • 目がかゆい
  • 充血する
  • 息苦しい

V11m_01-700x467

目がしみる、目がかゆい、充血するなどの症状は想定できる副作用だと思いますが、点眼薬の副作用は目にだけ起こる訳ではなく全身に起こることもあるんです。

目薬をするのに息苦しくなる訳ないと思いますが、副作用として症状が現れることもあるので、息苦しいなどの全身への症状が出た場合は担当の先生に相談して下さい。

目薬はご自身で長く使用しなければ効果はあまりありません。

見え方がすぐに良くならないからといって途中で中断せずに毎日欠かさず目薬をすることが大切です。

スポンサーリンク