メンソールのタバコの方が体への害がある?EDは本当?

百害あって一利なしのタバコ。健康に悪いタバコですが、メンソール入りのタバコは普通のタバコよりも中毒性が高く健康に良くありません。

販売が規制される可能性もあるとのことです。

スポンサーリンク

メンソール入りのタバコの方が体に害?

なぜメンソール入りのタバコが危険かというのは、メンソールそのものが危険という訳ではなく、メンソール入りのタバコがとても吸いやすいためです。

メンソール入りのタバコが吸いやすいのは、清涼感がありタールのきつさや苦さ?があまり感じられないからです。なので若い方などが手を出しやすくなってしまいます。

米国医薬局(FDA)の文書には、

  • メンソールタバコの利用者が女性、黒人、低学歴、低収入、若年者に多い
  • メンソール入りのタバコは、普通のタバコよりも、日常的にタバコを吸うようになる(つまり喫煙者になる)率が高い
  • メンソール入りのタバコは、普通のタバコよりも依存性が高い

とあります。メンソールは吸ったことがありますが、たしかに吸いやすくなっています。

吸った気にならないとか、吸い足りないということを思いました。だからたくさん吸ってしまい抵抗が少なくなっていって依存性が高くなってしまうんですね。

メンソール入りのタバコをは黒人に広い支持をえていて、タバコの規制を人種差別だと反対運動を行なっているようです。

米国の黒人喫煙者の80パーセントはメンソールを吸っています。特定の人種や黒人がなぜメンソールを好むかは現在調査中とのことです。

アメリカの喫煙率はここ何年かは低下しているようですが、若者を中心にメンソール入りのタバコを吸う人の割合は上昇しているようです。

スポンサーリンク

若者の喫煙者の40パーセントはメンソール入りのタバコを吸っ ているようです。

どこが普通のタバコより健康に悪いか

肺がんや呼吸器疾患に影響はなかったようですが、脳卒中になるリスクがメンソール以外の喫煙者に比べて2倍以上になるようです。

メンソール以外のタバコでも発症する可能性は高いのにその2倍以上というのは確かに危険ですね。

メンソール以外の喫煙者で脳卒中を起こした人は2.7パーセント、メンソールの喫煙者は3.4パーセントです。吸う量が多くなるということは健康に悪いに決まっています。

「メンソールを吸うとEDになる」といった都市伝説

これは都市伝説でした。真実はタバコを吸うこと自体がEDになりやすいということです。タバコを吸っている人は血管が縮まり血がドロドロです。

すると血流障害になりEDになる可能性が非常に高くなります。 30~40歳の男性で1日に10本以上吸っている方はある時急に…ということが起こるかもしれないので気を付けて下さい。

世界的に規制がかかってきているタバコ

ニューヨークではカウンターの下やカーテンの後ろにある棚などの目につかない場所に置くように規制されているようです。

オーストラリアでは世界で初めてタバコの包装のロゴやイメージカラーなどを排除する規制を全面的に行いました。 日本でも喫煙者の居場所がどんどん少なくなってきてますね。

現在メンソールの販売禁止を含めた規制を検討するために一般意見の募集をしているようです。

スポンサーリンク