めまいが風邪の後起こると前庭神経炎?ふらつきも?

めまいの原因は風邪の可能性もあります。めまいが起こる病気前庭神経炎の特徴や治療方法など紹介します。

スポンサーリンク

めまいが風邪後に起こる「前庭神経炎」の特徴

前庭神経炎とは鼓膜の奥に内耳という体のバランスをとるものがあって、そこから脳へ伝わる神経(前庭神経)に炎症が起こってめまいなどの症状がでる病気です。

  • 激しいめまいが続く
  • 大きなめまいは繰り返さない
  • めまいが治ってもふらつきが残る
  • 難聴や耳鳴りは伴わない
  • 風邪の後などに起こりやすい

原因は風邪が多く、風邪の際にウイルスが耳の前庭神経について炎症を起こします。

内耳にある回転運動を感じる三半規管、傾き直線運動を感じる耳石器、これらは体のバランスをとる働きがありますが、それを脳に伝えるのが前庭神経です。

image5x

立ったり座ったりする時にバランスをとれているのは前庭神経が耳の働きを脳に伝えているからです。

前庭神経は左右の耳の働きが同じようにとれていることで体のバランスがとれていますが、前庭神経炎などによって片方の働きが悪くなってしまうと、内耳の働きに差が起こって体のバランスが崩れてしまいます。

耳からくるめまいの病気の中で良性発作性頭位めまい症、メニエール病、その次に続く病気となっています。

前庭神経炎の治療方法

安静

めまいが激しいので絶対に安静が必要となり、場合によっては入院治療が必要となります。

スポンサーリンク

  • ステロイド
  • 抗めまい薬
  • 循環改善薬
  • 抗不安薬

血流を良くするための循環改善薬やめまいが起こると精神も不安定になるので抗不安薬なども使用します。

飲み薬や注射もあります。ステロイドは副作用があり、体のむくみや糖尿病、高血圧を悪くしてしまうことがあるので、医者の管理のもと治療を行っていきます。

リハビリ

神経が失われた部分をなんらかの形で補おうということでリハビリを行います。私たちは内耳からの情報以外で目や関節、筋肉から脳に伝わる情報を使って体のバランスをとっています。

目からは景色の情報を脳に送られ、関節、筋肉からは自分がどのようなところにどのような体勢で立っているのか座っているのか、足の裏や腰から脳に情報を送られています。

mig

しかし、前庭神経炎なると内耳の情報が脳へ伝わらなくなってしまいます。そこで目を使った運動を毎日行い、目と脳のつながりを強くすることで内耳の果たしていた機能を補いことでふらつきを改善します。

真っ直ぐ立って目をつぶるとバランスがとりにくくなるのは目はバランスをとる働きがあるからなんです。

リハビリの方法は例えば、腕を伸ばして親指を立て腕を左右に動かし頭は動かさずに目だけで親指を追います。

他に指や腕は動かさず、目は親指を見続け頭を左右に動かしたりする方法もあります。これらは20回程度行います。

前庭神経炎以外にもめまいが慢性化する方、加齢によってふらついてしまう方(加齢性平衡障害)に効果があります。

加齢性平衡障害は加齢によって耳や目、関節、筋肉の働きが衰えてバランスが取れなくなってしまいます。それを鍛えることができるのが先ほど紹介したリハビリとなっています。

スポンサーリンク