肺MAC症の症状、薬の副作用、結核との違いは?

中高年の女性に急増している肺MAC症ですが、原因となっているのがMAC菌です(Mycobacterium avium-intracellulare complexの頭文字をとって)。肺MAC症の症状や薬の副作用など紹介します。

スポンサーリンク

肺MAC症とは?

MAC菌は結核菌の親戚のような細菌に感染して起こる病気です。長引く咳やたんが特徴で、重症になると呼吸困難に陥ることもあります。

結核菌もMAC菌(非結核性抗酸菌)も抗酸金属というと呼ばれる細菌のグループに属しています。結核菌は咳やくしゃみなどで人から人に感染します。

非結核性抗酸菌は人から人に感染しません。MAC菌は水や土のなかに生息している細菌で、環境から人に感染すると言われています。

抗酸菌にはいろいろな種類があり結核という病気の存在が大きいので、結核菌という菌が独立していてそれ以外の細菌が非結核性抗酸菌というようにまとめられています。

日本で菌で発病する9割の人はMAC菌という菌で起きています。非結核性抗酸菌の種類は150種となっています。

結核は2000年から減ってきているのに対し、肺MAC症は2000年あたりから急増しています。

1年間い発病する患者の率で(人口10万人対)2014年の非結核性抗酸菌(肺MAC含む)症患者数は14.7というデータもあります。

結核よりも上回ってきていて、7年前と比べて2.6倍にもなっています。MAC菌は暖かい場所を好むので、日本のように温水供給が普及している社会変化が原因だと言われています。

また一般的な意見として地球温暖化なども関係してるのではないかと考えられています。日本では高度な検査やCTが普及しているので、早く見つかっていたり医者のなかでこの病気の理解が深まっているのも要素として考えられます。    

肺MAC症に似た症状は?結核との違いは?

  • 1ヶ月以上続く咳やたん
  • 血たん

  これらの症状があった場合は呼吸器内科を受診してください。悪化してしまうと次のような症状がでてきます。  

  • 発熱
  • 全身倦怠感
  • 体重減少
  • 呼吸困難

このように思い症状がでて、最悪の場合は命をおとしてしまうこともあります。結核は段々熱が出てきますが、肺MAC症は相当ひどくならないと熱は出ません。

スポンサーリンク

また結核に比べてゆっくりしか進行しなく、15年ほどかけてどちらの肺にも進行していきます。  

肺MAC症の検査・薬

  • 喀たん検査
  • 胸部エックス線検査
  • 胸部CT検査

エックス線検査だけだと気管支炎との区別がつきにくくなってますが、CT検査だと肺MAC症独特のEAがわかります。細菌感染なので基本的には抗生物質で治療します。  

  • クラリスロマイシン
  • エタンブトール
  • リファンピシン

これら3種の抗生物質を併用する形になります。この菌を完全になくす抗生物質がないので3種類の薬を併用します。

また1種類の薬だけ長期服用すると耐性菌といって菌に効かなくなってしまうのも理由です。耐性菌を作らないために自己判断で薬を中断するのはやめてください。

咳や痰などの症状は1ヶ月くらいから減ってきます。菌は3ヶ月くらい経つと陰性になってきます。 抗生物質は2〜4年ほど服用します。

早く菌がなくなったからといって薬を飲むのをやめてしまうと再発して以前よりも悪化してしまうこともあります。  

副作用

  • かゆみ・発疹
  • 肝障害
  • 視力低下

shutterstock_70233415

初期の段階ではかゆみや発疹が多いです。人によっては肝障害が出ますが、これらの副作用は薬で抑えることができます。

高齢者の場合は他の薬をすでに飲んでいることがあるので、あまり重くない場合は無理して抗生物質を服用しないほうが良いです。

その場合は咳やたんを和らげる薬だけ服用することもあります。薬以外の治療法として手術があります。

若い人で比較的病変が一箇所にある場合は積極的に手術を行っていきます。病変がいろいろなところに散らばっている場合は手術が難しいこともあります。 その場合は小さな病変を薬でなくしてから手術します。  

スポンサーリンク