果物の皮の健康効果|キウイ、リンゴも?

キウイの皮捨てていませんか?皮は捨てて中身だけほじくりだしたり、輪切りにして食べるの
が一般的だと思います。

確かに皮はモゾモゾしてますし、捨てられるのは仕方ない気もします。ですがキウイの皮には栄養がたっぷり詰まっており、健康効果があります。果物の皮の栄養と効果についてご紹介します。

スポンサーリンク

果物の皮の健康効果

キウイの皮

果物の女王と言われているキウイですが、実はニュージーランドやオーストラリアでは皮ごと食べるのは当たり前です。

キウイの原産国はニュージーランドで、原産地は中国です。ニュージーランドの国鳥キウイバードに似ていたことからキウイという名前が付けられました。

キウイの皮の栄養と効果

栄養はビタミンC、E、ポリフェノール、食物繊維、クエン酸、カリウム、カルシウム、葉酸などが含まれています。

効果は美肌効果、整腸作用、むくみ予防、がん予防、血圧調整、動脈硬化の予防、老化防止、便秘解消などが期待できます。

食べ方はゴシゴシ洗って農薬を落とし、あとはそのままいっちゃって大丈夫です。端の固い所はもちろん捨てます。

意外においしいですよ。丸ごとジューサーにかけてしまうのも良いかと思います。これだけ効果があるのに皮を捨てるのはかなり勿体ないです。次キウイを食べる機会があった時は皮ごと食べてみて下さい。

スポンサーリンク

リンゴの皮

リンゴの皮は3種類のポリフェノール、食物繊維、抗酸化成分などが含まれています。美肌、整腸作用、血圧調整、視力の改善、免疫力を上げる効果があります。

食べ方は皮と実を一緒に食べても良いと思いますが、皮だけ食べるのもアリかと思います。皮だけスライスに切り、あとはレンジでチン。甘さがでて美味しいです。

砂糖やバターを乗っけるのも良いかもしれません。紅茶に入れてアップルティーにして飲むのも美味しそうです。

オレンジの皮

オレンジは皮と白い筋(アルべド)がありますがどちらも栄養があります。アルべドにはオレンジの主役の実より優れたビタミンが含まれています。

実の4倍の食物繊維、ビタミンP、C、カリウム、クエン酸、ポリフェノールなどが含まれています。

抗酸化、抗炎症、抗がん作用、血圧調整、脳出血防止、美肌、血流改善などの効果があります。

お風呂に入れても美肌効果や血行促進は期待できますので、食べるのが厳しい方はお風呂に入れてみましょう。結構片付けが面倒ですが。

皮ごとジューサーにかけたり干して食べるのも良いかと思います。ただ干すと生で食べるよりは若干ビタミンが減ってしまいます。

スポンサーリンク