子供にも紫外線対策|シミ、しわの原因に?

子供の頃は何も考えずに外で遊んで日焼けしましたよね。大人になると日焼け対策で日焼け止めを塗ったりしますが、子供は日焼け対策をしませんよね。

実は子供の方が日焼け対策が大切になります。子供ができる紫外線対策方法を紹介します。

スポンサーリンク

紫外線を浴びて日焼けをします。子供のころから紫外線を浴びすぎてしまうと大人になってからしわやしみ、皮膚がん、また目にも影響があります。

かつて日光浴は健康のために良いと言われてきましたが、実際に太陽の光の中に含まれている紫外線は体の中でビタミンDを作って骨を丈夫にするという作用があります。

しかし、一日のうちで両手の甲が15分程度日光に当たるだけでも十分なので、散歩や買い物などの外出でも十分といえます。

子供のころから紫外線を浴びすぎていると

実際に18歳くらいまでに一生のうちの半分くらいの紫外線量を浴びて、その影響は生涯にわたって続くと言われています。

子供の皮膚は大人の皮膚に比べて半分くらいの薄さしかないことや紫外線から肌を守るメラニンの量が少ないといったことがあるので、それだけ影響力が大きくなります。

なので、これからの夏に向けてどのような対策をとるのかというのは大人以上に大切になってきます。 

75d1bd23567b84dedd64741545184975_s

紫外線を浴びすぎるとどのような影響が?

日焼け

日焼けで水ぶくれができてしまい、火傷のような跡が残ることも。

しわ、しみ

皮膚の老化を早めるという作用。加齢によってしわやしみができるのですが、紫外線を長時間浴びると皮膚の細胞がダメージを受けて老化を早めてしまいます。

shutterstock_259655441

皮膚がん

将来的には皮膚がんの原因になるとも言われています。紫外線によって遺伝子が傷ついてがん細胞が生じることがあるためです。

白内障

紫外線によって白内障を起こしやすくなることもわかっています。紫外線が目に長時間当たり続けると水晶体のたんぱく質が変性を起こして透明性を失ってしまいます。

このような影響があるからといって、ずっと家の中にいたほうが良いという訳ではありません。やはり外で元気に遊ぶことは色々なメリットがあります。

どのように紫外線対策をとって外で遊ぶかということが大切です。

紫外線対策

服装

肌があまりでないような服。理想は長袖や長ズボンです。他に紫外線防止効果のある素材でできた衣類を着るのも効果的です。

帽子はつばが広くてうなじまで隠れるようなものが良いです。紫外線防止効果のあるサングラス(UVカット)も効果的です。

スポンサーリンク

日焼け止め

塗り方は、日焼けしやすい部分(額、鼻、あご、ほっぺた、耳、手の甲、首など)に日焼け止めをとんとんと置いて、そこから万遍なく手で広げて塗り伸ばしていくと効果が高いです。

重ね塗りもしたほうが効果が期待できます。

汗をかいて流れてしまうこともあるので、2~3時間ごとに塗りなおすということも必要です。

子供の皮膚は大人の皮膚に比べて刺激に弱くかぶれやすいので、子供用と記してある低刺激の日焼け止めを使用して下さい。

blog_import_5448411de1952

かぶれが不安な場合は、前もって腕などに部分的に塗ってみて、赤くなるとかぶつぶつができるなどの異常がなければそのまま全体に使用して、異常が出た場合は使用はやめましょう。

また、肌に傷や湿疹がある時は悪化することがあるので、そのような場所には塗らないようにしましょう。

日焼け止めにPA+++やSPF50などが書いてあるのを見たことがある方も多いと思います。

PAというのはUV-A(しわ、白内障など)に対する防止効果のある日焼け止めで、+の数が多いほど強い効果があります。

SPFはUV-B(しみ、皮膚がんなど)に対する防止効果があって、SPFの後ろの数字が大きいほど高い効果が期待できます。

夏は特にUV-Bが多くなるので注意が必要です。日焼け止めの強さは用途に合わせて選んでください。

日常生活(散歩や買い物など)では+~++、10~20くらい、屋外での軽いスポーツやレジャーの場合は++~+++、20~30くらい、炎天下のレジャーやリゾート地マリンスポーツの場合は+++~++++、30~50となります。

普段から強い日焼け止めを塗れば良いという考えの方が多いと思いますが、かぶれたりすることもあるので用途に合わせて使用するようにしましょう。

海に入ると流れてしまうから効果がないと思っている方もいらっしゃるかと思いますが、水につけても流れにくい日焼け止めもあるのでそれを使用して下さい。

01

ただし、学校のプールなどで使用できない場合があります。子供全員が日焼け止めを使用してしまいますと水が汚れてしまう可能性があります。

子供が希望する場合は学校の判断で日焼け止めの使用を検討するとのことです。

時間帯、天候

一日のうちで午前10時から午後2時の時間帯が最も紫外線量が多い時間帯となります。

なので、この時間帯の長時間の外出は避けたほうが良いですね。

紫外線を20分以上浴び続けるのは良くないので、15分日なたで遊んだら10分は日陰で休むなどの工夫が必要になってきます。

晴れた日の紫外線量を100%とした場合、雨の日でも20~30%、曇りの日は50~80%と晴れていなくても紫外線は降りそそいでいるので注意が必要です。

スポンサーリンク