変形性ひざ関節症のなりやすい人の特徴とは?

変形性ひざ関節症とはひざの関節の部分で炎症が起こってしまう病気です。ひざの痛みの原因での多くが変形性ひざ関節症です。変形性ひざ関節症について紹介します。

スポンサーリンク

変形性ひざ関節症とは?

全国の男性で860万人、女性が1670万人と女性が約2倍も多くなっています。50歳以上の2人に1人がこの病気となります。今後も高齢化で患者数は増加していくと考えられます。

ひざに少し痛みがあっても老化だから仕方ないと思われる方や我慢できないほどの痛みじゃないしと考える方が多く放置してしまう人が多いです。

変形性ひざ関節症を放置してしまうと歩きにくくなってしまう場合があります。ひざには生活の大きな負担がかかっています。

歩行時は片ひざに体重の2・6倍の負担がかかり、階段を上る場合は3.2倍、下りる場合は3.5倍となります。

ひざには負担がかかるためその負担を減らしてくれるクッションのようなものがあります。まずは関節軟骨、月のような形をしている半月板、骨と骨をつなぐ靭帯があります。

これらのクッションのおかげでひざへの衝撃が吸収され、スムーズに動くようになっているんです。

img1

ひざの骨と骨の間には軟骨があり、X線やレントゲンなどの画像検査を撮ると隙間が開きます。変形性ひざ関節症になると軟骨の量が減って関節の隙間が狭くなるのがわかります。

重症になると隙間がなくなり動かなくなって炎症を起こしてしまいます。尖ったように見える骨蕀というものもできてしまうこともあります。

そのような状態になるとひざに違和感を感じたり、痛みを感じたり、正座ができなくなったりします。

診断・検査方法

問診から始まり触診をします。触って痛みや違和感、腫れがあるかを確認します。腫れがある場合は関節液が原因となります。

関節液は関節の栄養となるだけでなくひざをスムーズに動かす潤滑油の働きがあります。変形性ひざ関節症で骨と骨とがぶつかり合ってしまうと、関節液がたくさん作られ過ぎてしまってひざが腫れてしまいます。

この関節液を調べることも変形性ひざ関節症の診断では重要なことです。ひざが晴れる病気は変形性ひざ関節症だけではありません。

スポンサーリンク

関節リウマチや細菌感染症などでも腫れます。なので関節液の正常を診て変形性ひざ関節症なのか他の病気の可能性がないのかを調べます。

変形性ひざ関節症になりやすい人の特徴

家族に同じ病気がある人

必ず遺伝が原因という訳ではありませんが、ひざ関節を形成している骨、軟骨、半月板の強さは遺伝的影響を与えます。

それぞれの生活スタイルや環境にも影響されるので、家族に変形性ひざ関節症が入る場合はなりやすくなっています。

高齢者

加齢とともに骨や関節軟骨は弱くなり、もう一つのクッションである脚の筋肉も衰えるのでなりやすくなります。

肥満体型

体重が大きく影響していることは言うまでもありませんが、その他に脂肪細胞が影響しています。脂肪は内臓脂肪だけでなく関節の中にも存在します。

脂肪細胞はアディポカインという物質を分泌しています。お腹の脂肪細胞から分泌されたものが血液の流れにのってひざ関節にたどり着きます。

a4ea6fd4

ひざ関節から分泌されたアディポカインは直接ひざ関節にたどり着いて、そこで炎症を起こします。

この炎症によって軟骨が壊れやすい状態になってしまいます。なので肥満は変形性ひざ関節症になりやすくなっているんです。

O脚の人

ひざの内側に負荷がかかりやすくなるからです。

o_690

女性

女性ホルモンが低下すると骨、軟骨、筋肉などが弱くなってしまうからです。

ひざの外傷や骨折

高齢者社会なので歩くことが大切となってきます。早めに見つけて自分で対処することもできるので、病気のことを正しく知っておかしいと感じたら医療機関を受診しましょう。

スポンサーリンク