正しい歯の磨き方|歯ブラシの選び方、持ち方は?

虫歯や歯周病を防ぐにはどのように歯を磨けば良いのか、虫歯や歯周病を予防する歯の磨き方、歯ブラシの選び方、持ち方、歯科検診の頻度などを紹介します。

スポンサーリンク

小さい頃から歯を習慣的に毎日磨いていますが、それでも歯の問題が起ってしまいます。調査ではほとんどの人が毎日歯を磨いていて、7割の人が1日2回以上歯磨きをしているというデータがあります。

なのにほとんどの人が虫歯になってしまっているのが現実です。さらに8割の人は歯周病になっています。この原因は「歯を磨いているのに磨けていない」からです。

歯のどこに歯の汚れ(歯垢)が溜まりやすいか、正しい歯垢の落とし方を知ること、そして定期的に歯科で検査を受けることで歯の異常を防ぐことができます。

tepe_select-front_01

歯ブラシの選び方?硬さ、形、持ち方は?

お店には様々な歯ブラシが並んでいます。そのなかでもどのようなものを選べば良いのか。この選択によっても虫歯を予防することができます。

まず、歯ブラシの先のブラシの部分、これは真っ直ぐストレートなのものが良く、毛束は3列くらいのものが良いです。

あまり大きなものは口に入りにくくなるので良くないです。ブラシの硬さは柔らかすぎず硬すぎず普通で大丈夫です。

目安は歯茎に歯ブラシを当てても痛くならないものを選んでください。 硬すぎると歯茎を傷つけてしまう恐れがあり、逆に柔らかすぎても歯垢がしっかりと落とせないので普通の硬さを選ぶようにしましょう。

ただし、歯周病にかかってしまっていて歯茎が腫れている状態の方は柔らかめの歯ブラシが良いです。

スポンサーリンク

普通持ち方は握って持つ人が多いと思いますが、正しくはペンを持つように(ペングリップ)するのが正しい持ち方です。この持ち方だと小回りがききますし、スムーズに動かすことができます。      

正しい歯の磨き方は微振動で1本ずつ磨く?

磨き方は2通りあります。まず虫歯を防ぐためには歯を1本1本意識して磨いていくことです。

そして、歯周病を防ぐためには歯と歯茎の境目をきちんと磨くことです。磨き方は歯にブラシを直角に当てて、歯と歯の境目に毛先が入り込む程度の力で小刻みに20〜30回(微振動)動かします。

これを歯1本ずつ意識して磨いてください。歯茎も同じように境目を意識して斜め45度くらい傾けて小刻みに動かしながら磨いてください。

歯茎を磨かなければいけないのは、歯周病になってしまうと歯と歯茎の境目の溝が深くなってしまいます。  

歯周病の原因が歯と歯茎の境目の歯の方に歯垢がついてしまうことが原因となりますので、その部分を意識して磨くことが大切です。

内側も同じように磨いてください。前歯などは横にすると磨きにくくなるので、縦にして1本ずつ磨きましょう。

1本1本磨いていると時間がかかってしまいます。3分くらいとよく言いますが、実際正しく磨くと5〜10分程度はかかります。

磨き残しが多いのが歯と歯の間です。このような磨きにくい部分はデンタルクロスや歯間ブラシを使用すると磨き残しがなく綺麗に磨くことができます。  

虫歯の検査 視診・X線(レントゲン)
歯周病の検査 歯周ポケット・X線
歯石の除去 歯磨き法の改善

だいたい半年から1年に1回程度で構いません。ですが、歯周病の場合は3カ月に1回は診てもらった方が良いと思います。

中々、大人になってから歯の定期検診はなくなってしまうかと思いますが、積極的に受けて歯を健康に保ちましょう。

スポンサーリンク