歯の移植を受けるには?注意点、他の治療との違いは?

歯を失った、歯をこれから抜くという方は「歯の自家移植」という治療法を選択できる可能性があります。

歯を失った場所に自分の別の歯を埋める治療を歯の自家移植と言います。矯正治療の一環として行われています。歯の移植の条件、注意点など紹介します。

スポンサーリンク

どんな時に歯の移植が可能なの?

  移植が検討される理由として多く挙げられるのが、  

  • 歯周病
  • 虫歯
  • 歯が折れる(外傷)

などです。また先天的に永久歯がない場合も移植が検討されます。治療を受けるための条件としては、健康な親知らずがあることと抜歯する予定の歯(矯正時)があることです。

親知らずは生えていなければいけなく、根っこが真っ直ぐ生えていなければ抜く際に折れてしまう可能性もあるので、形や大きさを確認してもらうことも重要です。

また移植の時に歯並びに一番合う向きや角度を決めたり、形を整えることができます。

 
 
  

歯の移植と他の治療との違いは?

14_in02

自家移植の他には入れ歯、ブリッジ、インプラントといった治療法があります。入れ歯は取り外しができる装置を使って歯がないところを補う治療法です。

1本失った時は部分入れ歯を使います。 ブリッジは失った歯の両側の歯を削って固定して補う治療法です。

スポンサーリンク

インプラントは抜けた歯の部分に歯の根っこの代わりになるものを埋め込み、その上から人工の歯を被せる治療法です。     

自家移植の場合は自分の歯(人工物でないもの)を使う、隣接する健康な歯を削る必要がないという特徴があります。

メリットはこの自分の歯を使え、歯根膜も同時に移植できるということです。歯根膜とは、歯の根っこの周りには噛んだ時に硬いものや柔らかいものかを判断する膜があります。

これを歯根膜といいます。歯根膜は例えば、髪の毛が上の歯と下の歯の間に挟まった時に敏感に感じとることができる組織です。

そして、歯に加わる圧力を和らげる働きもあります。 歯根膜を一緒に移植できるということは骨を壊したり作ったりする骨芽細胞や破骨細胞も同時に移植することになります。

歯を取り巻く歯槽骨などの歯周組織を新陳代謝できるといった機能を残すことができます。    

歯根膜を移植することでそのあと歯を動かすことができるので、歯の噛み合わせを良くすることもできます。

どのくらいもつのかはハッキリとはわかりませんが、歯周病や糖尿病、喫煙といった全身的な問題がある場合はあまり長く持たない可能性もあります。機能を長く保つためには食後のケアが大切になってきます。

歯の移植後の注意は?

移植直後〜1週間は樹脂でしっかり固定しているということもあるので自分ではブラッシングがしずらくなります。

歯垢が溜まりやすくなるので歯科医にいってプラークコントロールをやってもらいます。 1〜2週間は柔らかい歯ブラシを使って自分で磨きます。その後は通常の歯ブラシを使っていきます。

移植だけだと保険適応ですが、矯正を伴うと適応されません。治療を受けたい方はまずかかりつけの歯科医に相談してみましょう。  

スポンサーリンク