肺癌は遺伝するの?初期症状は?

肺癌は日本人の中では発症する事例が、比較的多い癌であるとされています。実際にはどのような原因で発生し、症状はどんなものかは気になるところです。肺癌の治療方法なども絡めて、詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

肺癌の原因とは?

肺癌は、肺細胞に傷付くことによって生じる疾患であり、その原因の大半は喫煙であるとされています。また、他人の煙草で出た煙を吸う副流煙や受動喫煙についても、頻度が多くなることで肺がんリスクとして認定されるケースが出てきます。

最近では、喫煙することがそのまま肺癌のリスクを高めるという認識が広がりを見せており、関心の寄せられるトピックとしても挙げられているのではないでしょうか。

また、空気中に飛散する汚染物質が、大量に肺に蓄積されたり、建物に使われるアスベストを短期間で大量に吸入したりすることも、肺癌を発生させる可能性がある要因として挙げられていることから、その点にも注意することが普段から必要になります。

肺癌の初期段階での症状は?

初期段階の肺癌は、厄介なことに多くの人が無症状で経過すると考えられています。気付いたころには肺癌は比較的症状や癌のステージが進行してしまっているという事例が多いとみられています。

ごく初期の段階では、風邪に似た症状が発生するケースが多いため、軽く考えがちになることも見過ごしの原因に挙げられています。

見過ごしてはいけない初期症状としては、長期的な咳が止まらず続くというものです。数日で咳が止まった場合には風邪などの疾患である場合が多いとされますが、数週間から数か月という長い周期で咳が続く場合には、肺がんの初期症状である可能性も見込むことが必要になります。

特に普段から喫煙する機会のある人で咳が慢性的に続く場合には、肺癌の初期段階になっている心配もあるため、早めに医療機関を受診することが推奨されています。

実際に肺癌で出てくる症状は?

肺癌の患者に発生する可能性の高い症状は多岐にわたっています。最も多いものは咳や痰などの風邪に似た症状であり、うっかり軽く考えがちになる要因ともなっています。

また、胸部に痛みを感じたり、少し歩いただけで息切れや息苦しい感覚を得たりする場合にも、肺癌の可能性があると考えられるでしょう。

運動できないほどに呼吸が難しくなるケースもあるため、そのような場合は病院での診察を受けることが欠かせません。

また、痰が長い期間にわたり出る人の中には、血痰が症状の進行と共に出てくることもあるとされています。

痰に血が混じる機会が増えたと感じる場合にも、肺癌の症状が進行しつつある可能性があるため、速やかに診察を受けるべきでしょう。

肺癌については、人によって症状の現れ方には違いがあるものの、突発的な呼吸の困難感や血の混じった痰が出ることなどは看過しにくいことから、それがきっかけで発覚することもしばしばあると考えられています。

スポンサーリンク

肺癌の治療方法は?

肺癌の治療法では、まず手術が挙げられます。癌に侵された部位を完全に取り除くことが目的であり、肺癌の程度が軽い場合には手術の方法が選択されています。

予後は良好な場合が多く、再発防止のためのケアを行うことで対処ができると考えられています。また、抗がん剤治療も肺癌に対して適用される機会が多い傾向にあります。

癌の進行を確実に抑制し、治療効果を高める際に選ばれていますが、副作用として肺機能の障害や神経渉外の出る可能性もあります。

そのため、副作用が重くならないように注意しながらの治療になることが多いと考えられています。放射線治療に関しても、最近では肺癌治療の際に適用される事例が多く確認されているのではないでしょうか。

肺に出来た癌に対して、ピンポイントで放射線を当てる方法となっており、周りの健康な細胞や器官にダメージを与えないことが特徴的です。

また、骨髄や脳などの重要な部分への癌の転移を防ぐことにも繋がる可能性が高いことから、肺癌で積極的に選ばれる治療として掲げられ始めています。

肺癌の治療が終わった後のケアは?

肺癌の治療がうまく進み、健常な人と同じかそれに近い状態になった後も、経過観察はしっかりと進める必要があります。

なぜなら、肺癌は再発するリスクが高い傾向にあると考えられているためです。経過の観察や医師による問診などは、およそ5年から10年程の単位で続けていくことが望ましいとされています。

再発の兆候がないかや、治療後の肺の状態に異常がないかをチェックすることがメインであるとされています。万一再発の可能性がある場合には、速やかに治療方針を決めて再発した肺癌を治癒させる動きに入ります。

再発時には、肺に癌が発生することに加えて、脳や骨髄などに癌の転移するリスクも見込まれています。

そのため、最初に肺癌の治療を行った際に比べて、より慎重で確実に治療を進めることが大事になるのではないかと認識されています。

再発時にも、少しでも予後を良くするための最善の治療を選ぶごとが鉄則として挙げられており、最初の治療とは異なった方法が選択されることもよくあるとされています。

肺癌の治療が終わった後は、経過が良好でも再発した場合でも、時間をかけたケアを進めることが共通してきます。

肺癌は子供に遺伝する可能性はある?

癌を患う人にとっては、自分の子供などの家族に遺伝する可能性があるのかどうかは、非常に気になる部分として挙げられています。

肺癌については、喫煙の習慣があるかどうかが最も大きな要因として挙げられているため、肺癌の人の子供に必ずしも遺伝するということではありません。

しかし、自分を含めて親族に癌の人がいる場合には、肺癌になる可能性が多かれ少なかれあると想定でき、喫煙しないなどの対処は必要になるのではないかと認識されています。

肺癌患者の子孫も、同じく喫煙の習慣があればそれが契機となって癌になる可能性があると考えられるでしょう。

そのため、癌のリスクとなる行動を日常生活から取り除くようにし、肺癌の危険性を下げることが有効な手立てになるのではないかと思います。

まとめ

肺癌については、日本人が罹患する癌の中では割合は高い傾向に有ります。喫煙の習慣が原因の中心とされているため、その習慣をなるべく行わないように努めることが予防に繋がるでしょう。

癌が発症した場合には、最適な治療方法を選んで対処し、治療が終わってからも時間をかけたケアが必要不可欠になります。

再発の可能性を少しでも下げるための治療後のケアや診察を怠らず、健康に過ごせる状態を維持することが目指されると考えられています。

スポンサーリンク