ドライアイの原因、症状、治療方法は?

最近は目の病気として、ドライアイが身近なものになってきているのではないでしょうか。多くの人がドライアイにかかっているとも考えられているため、具体的な原因や症状を知ることがおすすめされています。

ドライアイがどんな疾患なのかについて、ここでは詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ドライアイの原因

ドライアイは、眼球の表面が乾燥した状態になる病気です。涙で目は常に潤った状態であることが一般的であり、健康な人の目は乾燥するということはほとんどありません。

しかし、ドライアイでは涙の蒸発を抑える油分の分泌が不十分となってしまい、目が乾きがちとなります。マイボーム腺と呼ばれる油分を分泌するところが機能しにくくなることが、ドライアイを惹き起こすことに繋がるとされています。

単純に涙が目に十分に行き届いていないことに加えて、涙が蒸発しやすい状態が起こっていることも、この症状が発生する要因として挙げられています。

ドライアイを起こす生活習慣は?

原因となる生活習慣としては、まばたきに関するものが大半を占めています。パソコンやスマホの画面を凝視したりすると、無意識にまばたきの回数は減少します。

まばたきはマイボーム腺からの油分の分泌を促進し、涙が蒸発しにくくなることに繋がります。まばたきの回数が画面の凝視などで通常の半分以下になってしまう人は大変多く、油分が不足しやすくなり、ドライアイが発生することに繋がっているのです。

また、まばたきが完全に行われていない人も、涙の蒸発が起こりやすくなるため、原因のひとつとして挙げられています。意識的にまばたきをするようにし、しっかりと目をパチパチすることも大事になると言えるでしょう。

湿度が低く、乾燥した状態もドライアイを起こしやすいとされています。やはり、涙が蒸発しやすくなってしまうことから、できるだけ乾燥しない環境作りを意識することがベストとされています。

コンタクトレンズとドライアイの関連は?

コンタクトレンズを普段から装着している人も、ドライアイの可能性は高くなりやすいと考えられています。目が乾燥しやすい状態になり、涙が蒸発視野樟なるためです。

また、まばたきが減少する癖のある人は、更にドライアイの要素が揃ってしまうことから、普段からアイケアを徹底する必要があると考えられています。

コンタクトを使っている人は、目薬や点眼薬を適宜使いながら、目が乾燥しないように努めることがお勧めされています。

ドライアイで発生する症状は?

ドライアイで発生する症状は多岐にわたります。人によって起こる症例は異なりますが、代表的なものとしては目の疲労感や乾き、ショボショボ感、充血などが挙げられています。

また、光が眩しいと感じる人も存在します。眩しさについては、ドライアイで角膜に微小の傷が付き、乱反射することで少しの明るさでも眩しいと感じることに繋がっています。

目から頭にかけてがズンと重い感じを得たり、異常に目やにが出たりすることも、ドライアイではよく発生する症状として想定されています。

このようにして、ドライアイになると、様々な症状が複数絡んで出てくることが一般的であるため、ケースバイケースで症例が異なっています。

スポンサーリンク

しかし、ドライアイが重度になってくると、極端に視力が低下することや、目が開けていられなくなるなど、明らかに日常生活に支障の出てくることがあります。

そうならないうちに、目に疲れや痛み、異常があると感じる場合には、眼科での治療を受けるようにするべきでしょう。

ドライアイの治療方法とは?

ドライアイの症状を治す方法は、大半が点眼治療とされています。外科的な治療を行ったり、大掛かりな治療をする例はほぼ無いと考えられているため、眼科に定期的に通いながらの治療を行うことがメインとなっています。

目の乾燥を起こさないために、人工涙液をこまめに点眼するよう、指導されることが非常に高い割合を占めています。

涙の成分に近い液体であり、目の乾燥を緩和させることには確実に作用してくれます。また、ヒアルロン酸ナトリウムも、点眼治療ではよく取り入れられるものとなりつつあります。

人工涙液と同じく、目の表面を乾燥させないという特徴があり、ドライアイの症状緩和に役立てられると考えられています。

これらの点眼用のものを使いながらの治療がメインとなるため、安心して治療できる環境が存在するのではないかと思います。

ドライアイの人は目薬を使っても良いの?

目がドライアイで乾燥してどうしようもないという場合には、ドライアイの症状に適した専用の目薬を使うことが良いとされています。

様々な目薬があるものの、その中でドライアイ用を選んで利用しましょう。しかし、自己判断で長い間目薬を使いながら凌ぐことは、別の目の疾患を見逃す可能性もあるため、できるだけ眼科での診察や治療を受けることがベストとされています。

一時的にドライアイを和らげたいなど、利用する期間を限定しながらドライアイ用の目薬を使うことが良いと言えるでしょう。

ドライアイの予防法とは?

ドライアイにならないためには、まずはまばたきを意識的に行うことが必要です。1分で15~20回程度が目安となっており、数秒に1回はまばたきするように心掛けましょう。

意識していないと、10秒以上まばたきしないこともよくあることですが、ドライアイの引き金になる涙の蒸発に繋がるため、避けることが望ましいです。

また、パソコンやスマホの画面をよく見る場合には、1時間に1度は数分で良いので目を休ませる人も必要です。こうした画面を見続けることも、目にとっては負担になり、そこにまばたきが不足することも絡むことはしばしばあるとされています。

また、画面を見る時は目から少し離してあげることも大事とされています。目をリラックスさせてあげることも、ドライアイ予防にはもってこいです。

たまにピントを遠くのもの、近くのものに交互に合わせるストレッチを取り入れると、目がリフレッシュされます。

様々な予防法がありますが、目を大事にするという意識を持てば、簡単に実践できる方法ばかりとなっています。ドライアイにならないように、まばたきや目のストレッチなどで対処してみましょう。

まとめ

ドライアイは様々な症状が複合的に絡むため、人によって訴える症状は異なります。しかし、その状態を放置すると日常生活に支障の出る可能性もあることから、なるべく早い段階で病院に行くことが望ましいと考えられています。

普段から目を大事にするよう努め、ケアを怠らないことが、ドライアイの予防や悪化防止には重要です。

ディスプレイや画面を見る時間の長い人が増えた昨今は、アイケアを随時行いながらドライアイにならないように意識する取り組みが欠かせないのではないかと思います。

スポンサーリンク