子供が中耳炎になる原因|治療方法は?

子供に多くみられる中耳炎。耳に水が溜まったり、何度も反復して中耳炎になるものだったり中耳炎にも種類があります。中耳炎の種類。症状、治療法、原因、子供が見せるサインなどを紹介します。

スポンサーリンク

よくある子供の中耳炎の例

例A

1歳くらいで良くぐずったり耳をいじる。診察してもらうと急性中耳炎と診断され、処方された薬を飲み症状は治まるが、その後同じ症状が繰り返し起きる。

例B

3歳くらいで耳の痛みを訴え診察してもらうと急性中耳炎だと診断され、処方された薬を飲み症状は治るが、呼びかけに答えなくなったり活発さがなくなる。もう一度病院へ行くと耳に水が溜まっていた。

幼少期の子供は中耳炎を起こしやすくなっています。生後1歳までに約60%、3歳までに約80%のお子さんが少なくても一回は急性中耳炎にかかると言われています。

中耳炎は多くの子供がかかるかなりメジャーな病気ということですね。

なぜ子供は中耳炎にかかりやすいの?

中耳(鼓膜周辺)の先にある耳管というもので鼻やのどにつながっています。鼻やのどから細菌やウイルスが耳管を通って感染を起こして中耳に急性の炎症を起してしまいます。

face-1381321_960_720

子供の場合まだ未発達で抵抗力も低いため風邪を引いても長引きやすく中耳炎を起こしてしまうのです。

中耳炎になると鼓膜が赤く腫れて水ぶくれができたり、い時には破れて膿が出てきます。鼓膜は自然再生する力が強いので、小さい穴なら破れてしまっても自然に閉鎖します。

子供の中耳炎の主な症状

  • 耳の痛み
  • 耳だれ(耳から膿がでます)
  • 発熱

1歳くらいの子供だと話すことができないのでサインをだします。

良くぐずったり、夜泣き、しきりに耳をいじる時は中耳炎の可能性が高いです。それと2歳未満の子供に良く見られるのが反復中耳炎です。

一度薬を飲んで症状が治まってもすぐにまた中耳炎になってしまうものです。

6か月以内に3回以上、12か月以内に4回以上急性中耳炎を起こしている場合は反復中耳炎の可能性があります。例Aは反復中耳炎の子供です。

スポンサーリンク

子供が繰り返し中耳炎になってしまう原因

別の菌に感染

薬で菌を殺しても抵抗力がないためすぐに他の菌に感染されてしまい中耳炎になってしまう。

耐性菌の増加

最近耐性菌が増えています。そのため簡単に薬が効かなくなって除菌が不十分になってしまう。

自己判断で服薬を中止

症状が治まったので治ったと勘違いをして服薬を中断してしまい、残った菌によって悪化してしまう。処方された薬は自己判断でやめずに最後まで飲み切りましょう。

cure-1006827_960_720

例Bの場合は子供の難聴の一番多い原因、滲出性中耳炎です。3~6歳に多くみられます。

耳に水が溜まるというのは、中耳に周囲の粘膜から水(滲出液)がしみだしてきて溜まっていることです。急性中耳炎の残骸です。

急性中耳炎によって溜まってしまうことが多いのですが、上咽頭炎、副鼻腔炎、アレルギー、真珠腫などでも起きます。

滲出性中耳炎のサイン

  • 呼びかけに答えない
  • 活発さがなくなる
  • テレビに近づいてみる
  • 聞き間違いが多い

水が溜まっている状態なので鼓膜が動きにくくなり、難聴が起きます。本人が気づけないことも多いので、周りにいるご家族も見てあげて下さい。

風を引くと急激に発症したり、悪化したりしてしまうことがあります。風邪の後は特に注意して見てあげることが必要です。

4WFBD5Q7ywAjmXsN-1449546456

子供の中耳炎の治療方法 

保存療法

急性中耳炎、反復中耳炎で軽症であれば経過観察。改善しなければ薬での治療を行います。

抗菌薬ペニシリン系、セフェム系、ニューキノロン系、カルバペネム系など。発症から3か月間治療を行い、効果がないようなら手術を考えなければいけないことも。

手術療法

鼓膜換気チューブ留置というのが行われます。鼓膜を少し切開して小さなチューブを挿入します。

そうすることで中耳の中の空間が常に空気にさらされる状態を維持できるようになり粘膜を正常に戻します。この手術を行うと中耳炎はほとんど起きなくなります。

スポンサーリンク