日向は日陰よりも疲れる?おすすめ紫外線グッズ

最近は露出が増えてきました。そこで気になるのが紫外線ですよね。気づかないうちに肌を蝕む紫外線。5月から8月にかけて紫外線の強度がピークを迎えます。

しかし、世の男性型は「気にしたことがない」、「少し黒い方が良い」、「シミを気にする歳じゃない」などと8割以上の方が無関心なんです。

紫外線といえばシワやシミが増えてしまうといったイメージですが、紫外線を浴びるだけでストレスになり疲れを引き起こしてしまうんです。紫外線の正しい知識と身体への影響、対策法を紹介します。

スポンサーリンク

日向の疲労度は日陰の約10倍?

シミは目に見えるシミと目に見えないシミがあります(隠れジミ)。

隠れジミは目には見えませんが、特殊なカメラで見ると将来的にシミになる恐れがあるものが見えます(顔じゅうに)。

その主な原因は紫外線です。肌に紫外線が当たると表皮の1番下にあるメラノサイトという細胞が活性化し、メラノサイトがメラニンという色素を作り出し肌を黒くします。

表皮

通常メラニンは一定期間で生成されなくなり自然と剥がれ落ちるのでシミにはなりません。

しかし、紫外線を浴び続けるとメラノサイトに異常が起こり過剰にメラニンを生成してしまいます。いつしかシミになってしまうんです。

さらにコラーゲンなどを作り出す機能が低下し、真皮と呼ばれる肌の内部の構造を正しい構造に保てなくなってしまいます。皮膚の一部に歪みができてシワができてしまうんです。

老化というのは普通に年齢にそって老化していくのと同時に、皮膚科学では光老化といって光が当たることによって老化していきます。

例えば首筋の皮膚とお尻の皮膚を見比べてみると、明らかに首筋の皮膚の方がシワが多くなっています。

img_5725edbe39846-e1462103554900

シミやシワ、たるみだけでなく近年言われているのが疲労との関係性です。日向に1時間いるだけで30分のランニングよりもはるかに疲れるんです。

紫外線は身体の活力を高めてくれるメリットがある一方で、浴びると細胞レベル、遺伝子レベルで傷が入ります。

活動を続けずに一旦身体を休憩して傷を治そうとするために疲労感が生じるんです。

対策法はやはり日焼け止めです。細胞レベルの紫外線によるたんぱく質、遺伝子の障害は防ぐことが日焼け止めでできます。

ですが、角膜にも紫外線が当たるとストレスを感じて疲労感を生み出す可能性があります。目から入る紫外線にも注意が必要です。

マウスの目だけに紫外線を当て、10分間の走行距離を測るという実験をしたところ、紫外線を当てた後では8分の1もの距離に低下しました。

つまりそれだけ疲労していたということがわかります。

商品名 シーランドピューノ アクアパラソル
内容量 100g
商品説明 髪も、顔も、体も、全身アクアパラソル1本でOK
  髪や肌をいたわるやさしい成分が入って、潤いをプラス。
メイクの上からでも、手軽に紫外線対策

紫外線によって目の表層に炎症が起きます。その刺激が脳に伝わって身体がストレスを感じて疲労につながります。

さらに紫外線は視野がかすんで見えたり、失明の恐れもある白内障の原因にもなります。

太陽光に含まれる紫外線が水晶体に入り込むとたんぱく質が変性して白く濁ります。

スポンサーリンク

1日の紫外線の強度は10時〜13時の間ですが、目に対してはダイレクトに入る午前9時と午後2〜3時に注意が必要です。

紫外線は波長の違いで3種類に分けられます。UVA(約0〜95%)、UVB(約5〜10%)、 UVC(オゾン層に吸収)があります。

A,、B波は地上に届き私たちに影響を与えます。UVAというのは波長が長く皮膚の深くまで入ってシワ、たるみ、シミの原因になります。

UVBというのは波長が短く細胞のDNAに傷をつけ、皮膚が炎症を起こし皮膚ガンの原因のなります。日焼け止めは日差しの強い時は汗をかきますし、その汗を拭くタオルでまたとれてしまいます。

しっかり塗っても段々薄くなってとれてきてしまうので、紫外線の影響は受けやすくなってしまいます。2〜3時間おきにこまめに塗るのが良いと言われています。

さらに紫外線で注意したいのが反射です。直射日光を100%とした場合、次の数値の照り返しがあると言われます。

アスファルト +10%
 砂浜 +10〜25%
 水面(川や海) +10〜20%
 草地・土 +10%以下
 山( 1000m上がるごとに) +10%

シワやシミ以外に怖いのが皮膚ガンです。細胞のDNAに傷をつけて、ほくろのような形で現れるので、最初はほくろと区別がつきません。

しかし、皮膚ガンをよく見ると形がいびつで少し凹んでいます。

日傘とサングラス選び方|おすすめ紫外線グッズ

紫外線による疲労やシミやシワを防ぐにはサングラスや日傘などの対策グッズが欠かせません。

ですが、グッズの色や形など気をつけるポイントをあまりわからずに使用している人がほとんどです。

celine

日傘などは経年劣化します。ずっと使っていると繊維が傷んでUVカット率が下がってしまうこともあります。1〜2年で買え変えたり、UVカットスプレーを使ったりしましょう。

ちなみに日傘の色は、白だと直接の紫外線はカットできますが(反射率80%)、地面からの照り返しを傘の内側でもう1回照り返してしまうので、白よりは黒がお勧めです。

黒は熱がこもりそうに思えますが(断熱タイプのもあります)、紫外線を吸収してくれるんです。

日傘のさし方もできるだけ頭に近づけるようにさして、紫外線から顔を守りましょう。また肩にかけてさしてしまうと浴びる紫外線量が上がってしまうので注意です。

帽子はメッシュ製のものはやめておきましょう。そして首元はにストールをすると良いと思います。

綿100%だと涼しく肌触りが良いのでお勧めです。直射日光を防げるので熱中症対策にも期待できます。

商品名

・メラニン サングラス トレンドデザイン

・ビッグメラニンサングラス

商品説明 有害なブルー光線を39%以上カット
 

・紫外線を99.9%カット

・目にとても優しい特許レンズを使用したメラニンレンズ

サイズ 各デザインによって異なる

サングラスは黒が良いと思われがちですが、実はこれ間違った知識なんです。黒いと目に入ってくる光が暗くなります。

すると瞳孔が開いてしまうので、余計に紫外線が入ってきやすくなってしまうんです。

最近のものはレンズの色関係なく紫外線をカットしてくれます。なので色で選ぶ必要はないんです。カット率に注目して購入しましょう。

スポンサーリンク