脳卒中の種類と症状は?確かめる方法は?

脳卒中は最初症状が軽くてもその後の2〜3日で急に悪くなったりすることがあるので、すぐに受診する必要があります。脳卒中の症状や見極め方など紹介します。

スポンサーリンク

脳卒中の種類

脳卒中で一番問題となるのは後遺症が残る人が多いことです。脳卒中を起こしてしまうと約7割の人がなんらかの後遺症を残してしまいます。

寝たきりの原因は第1位で、認知症にもなりやすくなってしまいます。脳卒中は脳梗塞、脳出血、くも膜下出血と3つに分けられます。

脳梗塞

脳梗塞は脳の血管が詰まってしまう病気です。血管が詰まってしまうとその先の血液の流れが悪くなって、脳の神経細胞に違いかなくなり死んでしまいます。

脳出血

脳出血は脳の中の細い血管が主に高血圧で痛んで切れてしまって、脳の中に血液の塊(血腫)ができてその脳の部分が破壊され、正常な脳の部分を圧迫してしまいます。

くも膜下出血

血管は分かれる部分が多いのですが、その血管の二股の部分に(この部分は年とともに弱まってきます)動脈瘤というコブができてしまいます。

このコブが破けると脳の表面に一瞬で出血が広がってしまいます。

stroke

脳卒中の症状は?

脳梗塞と脳出血は症状も似ていて、次のような症状がよく起こります。

  • 半身の麻痺(手足や顔)
  • 言葉が出なかったり、ろれつが回らない
  • 立てない・歩けない・ふらふらする
  • 視野の半分が欠ける・二重に見える

力が入らなくなり運動神経や感覚神経の異常がでてきます。話すことだけでなく言語の障害も起こったり運動神経や言語中枢の異常がでます。

麻痺ははっきりなくても上手く立てなかったり、歩こうとするとフラフラバランスが取れなくなったり平衡障害(小脳の障害)が起こったりします。

目の症状も出たりします。中でも多いのが視野の半分が見えなくなって、視野が狭くなってしまいます(視覚中枢の障害)。

スポンサーリンク

二重に見えるのは両方の目を同時に上手く動かせなくなっているからです(眼球運動神経の障害)。くも膜下出血はこのような症状が最初に出ることは少なくなります。

くも膜下出血によくある症状は突然の激しい頭痛です。よく言われるのは後ろからバットで頭を殴られたような痛みです。

これらの症状が一つでもあった場合は脳卒中の疑いがあるので躊躇せずにすぐに救急車を呼んで下さい。

脳卒中の症状を確かめる方法

1d721e9f3ecfc82fa116e8dfae5bb551

笑顔を作って口が歪まないか

口角を上げて笑顔を作ったときに左右対称になっているか、への字になっていないかを確認してみて下さい。片方だけ下がってしまったりして歪んでいると正常ではないかもしれません。

腕の麻痺

手を前に真っ直ぐ伸ばして手のひらは上に向けます。その状態で目をつぶると麻痺している方腕はどんどん下がったり内側に戻したりしてしまいます。

麻痺があるとわかりきっているときは構いませんが、軽い麻痺の場合は自覚しずらいのでこの方法で腕が下がるかどうかを試してみましょう。

話す

何を話しても良いのですが、決まった言葉を話すとわかりやすいです。「今日は良い天気ですね」などでもいいですし、「ぱぴぷぺぽ」でもなんでも構いませんん。ろれつが回っているかどうかをみてみてください。

 TIA(一過性脳虚血発作)

しびれや麻痺があってもすぐに症状が治ってしまっても、翌朝ろれつが回らなかったり麻痺したりして重い後遺症を残してしまうことがあります。

これは一時的に脳梗塞のような脳の虚血が起こってしまう病気です。TIAを起こすと3〜4割の人が脳梗塞を起こすので、脳梗塞の前兆とも呼ばれています。

自分では大事だと思いたくなくて放置してしまうと後遺症が残って命をおとしてしまうこともあります。おかしいと感じたらすぐに救急車を呼びましょう。

スポンサーリンク