脳卒中の一過性能虚血発作とは?なぜすぐ治るの?

脳卒中で一番問題となるのが後遺症が残ってしまうことです。後遺症が残ってしまう人は7割と高く、寝たきりの原因では第1位となっています。そしてその後遺症で認知症になりやすくなってしまいます。

スポンサーリンク

脳卒中の3つの種類

脳卒中は3つのタイプに分けられます。

脳梗塞

脳の血管が詰まってしまう病気です。血管が詰まってしまうとその先の血液の流れが悪くなって、脳の神経細胞血が巡らなくなり死んでしまいます。

脳出血

脳の細い血管が主に高血圧で痛んで切れてしまいます。細い血管が切れると脳の中に血液の塊(血腫)ができ、そのできた部分の脳を破壊したり正常の脳の部分を圧迫して障害がでたりします。

nougeka-1.5tmra_large

くも膜下出血

脳の血管は分かれているところが多くなっていて、二股になっているところに動脈瘤というこぶができてしまいます。そのこぶが破けると脳の表面に瞬間的に出血して広がってしまう病気です。

脳卒中の5つの症状

  • 左の手足が動かない
  • 喋れない

これは代表的な脳卒中の症状です。脳梗塞と脳出血は症状が似ていて、半身の麻痺やしびれ(手足や顔)が起き、運動神経や感覚神経に障害がでます。

そして、ろれつが回らなくなったり言葉が出なくなったりして、運動神経や言語中枢に障害がでます。

shutterstock_2693905282

他には立てない、歩けない、ふらふらする(バランス障害)などの症状もあります。これらは麻痺やしびれはないのに出る症状で、小脳に障害がでます。

視野の半分が欠けたりモノが二重に見えたり目にも症状がでます。視覚中枢や眼球運動神経に障害が出ます。

自分で確認することは難しいとは思うので、まずは笑顔を作って口が歪まないかを確認してみてください。しわが左右対称に寄っているか、口の高さが真っ直ぐになっているかを見て下さい。

麻痺しているとどちらかに曲がったりして歪んでしまいます。自分で見なくても周りの人に見てもらうのも良いと思います。

他には両手を真っ直ぐ伸ばし手の平を上に向けます。目をしばらくつぶって腕が下がって来ないかを確認してください。麻痺している方は下がってしまいます。

重い場合は明らかにわかりますが、軽い場合は手の平を少しづつ内側に回してしまいます。

スポンサーリンク

言葉の確認は決まった言葉を繰り返せるかです。「今日は良い天気ですね」「らりるれろ」「ぱぴぷぺぽ」などを上手く言えれば大丈夫です。

くも膜下出血によくある症状は突然の激しい頭痛です。よく言われるのが後ろからバッドで殴られたような痛さとか。

  • 半身の麻痺、しびれ
  • ろれつが回らない、言葉が出ない
  • 立てない、歩けない、ふらふらする
  • 視野の半分が欠ける、モノが二重に見える
  • 突然の激しい頭痛

これらの症状がある場合はすぐに救急車を呼んで下さい。自分で判断することは危険ですので、躊躇せずに専門医に診てもらい診断してもらいましょう。

このような症状がでてもすぐに治ってしまうことがあるのが脳梗塞( TIA・一過性能虚血発作)です。「治ったからいいか」と思わずに症状が出たら脳卒中を疑いましょう。

TIA・一過性能虚血発作

TIA(一過性脳虚血発作)は脳梗塞の前兆です。TIAとは脳梗塞の症状(しびれやマヒなど)が起こりすぐに治ってしまいますが、しばらくしてから脳梗塞が起こってしまいます。しばらくというのは大体24時間以内です。

脳梗塞は脳血管が詰まってしまって起こりますが、TIAは詰まってもすぐに治ってしまう一時的な症状です。体のしびれやマヒも一時的に起こりすぐに治ります。

なので治ったかと思ってしまいますが、24時間以内に脳梗塞が発症してしまう可能性が高いので直ちに専門病院へ行って治療して下さい。

Computer keyboard and repetitive strain injury

脳梗塞発症した患者さんでTIAの前兆があったのは20~30パーセントです。TIAがのあった方の30パーセントは5年以内に脳梗塞になっています。

TIAの症状が起きた時点で病院へ行けば脳梗塞をの発症を80パーセント減少できます。放っておくと手遅れになってしまうこともあります。

TIAの症状は脳梗塞の症状とほぼ同じでしびれやマヒ、失語症があります。違うのは脳梗塞は視野の半分が見えなくなるが、TIAは片方の目が見えなくなることがあります。

専門病院では脳や頸動脈の診査をし、状態によって治療方針を決めます。入院や救急治療、脳のMRI、頸動脈エコー検査(頸動脈の状態を調べる検査)などの治療法があります。

頸動脈が詰まっていたら治療をしなければなりません。治療方法は血栓を防ぐ薬、頸動脈を綺麗にする手術、ステント治療があります。

ステント治療というのは血管に金属を入れて押し広げて詰まりを治します。

TIAの再発予防は生活習慣や食生活を改めることです。高血圧、糖尿病、喫煙、メタボリックシンドローム、大量飲酒、慢性腎臓病、心房細動、脂質異常症などを改善し動脈硬化を防ぎましょう。

動脈硬化は水分補給や塩分、糖分、脂肪の少ない食生活で防げます。

TIAは脳梗塞の前触れなのでこのことを知っているだけで脳梗塞の発症を防げます。TIAが起こったら躊躇せずに必ず病院に行き受診しましょう。

スポンサーリンク