眠りやすくなる飲み物とは?

寝る前に手足が冷えて、なかなか寝れないということはよくあると思います。お風呂に入っても寝るころには冷えていたり、靴下を履いていても冷えたりとなかなか改善できないものだと思われがちですが、ある飲み物を寝る40分前に飲むだけで、手足を温め、睡眠効果が期待できる飲み物があります。

スポンサーリンク

眠りやすくなる飲み物「抹茶」

それは『抹茶』です。抹茶には「テアニン」というアミノ酸がふくまれていて、このテアニンが、気持ちを鎮め、リラックスさせる「鎮静効果」といわれております。

茶道は落ち着いてリラックスして「ホッ」と飲んでいるイメージがありますよね。このテアニンの効果があるからですね。ちなみにテアニンは抹茶の旨みの成分でもあります。

これは太陽化学株式会社の大久保勉氏さんらが実験で証明されています。テアニンは日陰で育てられた茶葉に多く含まれているので、玉露やかぶせ茶により多く含まれています。

特に茶葉を粉末にした抹茶にテアニンが多く含まれているので(番茶の12倍)おすすめです!4gに約100mg(濃茶)

さらに、お茶にはなんと600種類以上もの芳香性の成分が含まれているので、その香りを嗅ぐだけで、アロマテラピーと同様の効果があるみたいです。

アロマオイルなどを準備するよりも簡単ですので、リラックスしたいときは、このお茶を飲めば、一石二鳥ですね。

しかもテアニンには手足を温める効果があることもわかっています。ストレスをためると、筋肉が緊張して硬直し、結構が悪くなり手足が冷えてしまいます。

テアニンを摂ってリラックスすると、筋肉が緩んで血行が良くなり、手足が温まります。

抹茶を飲んでいると和菓子のような甘いものが食べたくなると思いますが、砂糖は身体を冷やしたり、血液を薄くしたりするので、あまり寝る前には摂らない方が良いかもしれません。逆に黒糖は体を温めてくれるので良いですね。

スポンサーリンク

抹茶の作り方

粉末なので、一気にお湯を注ぐと混ざりません。まず大さじ1程度のお湯で溶きペースト状になったら、残りのお湯を注ぐようにしましょう。

泡立った抹茶が好きでしたら、ホイッパーで混ぜるだけで泡立ちます。とても簡単な抹茶の立て方。

リラックス効果がさらに欲しい方は、豆乳など一緒にとると良いかもしれません。

冷え性解消効果のある食べ物、飲み物

『体を温める食べ物』

  • しょうが
  • ねぎ
  • ニンニク
  • 梅干

こちらは食べるより飲む方が良いみたいです。

『血をさらさらにする食べ物』

(さらさらになったら血行が良くなります。血行が良くなったら体が温まりやすくなります。)

  • こんにゃく
  • ごぼう
  • にんじん
  • レンコン
  • やまいも
  • みそ
  • しょうゆ
  • たくあん

『血をドロドロにする食べ物』

  • 羊肉
  • 豚肉
  • 鶏肉
  • ハム
  • ソーセージ
  • チーズ
  • 貝類
  • 赤身の魚

『体が温まる飲み物』

  • 柚子ジンジャー
  • ホットミルク
  • ココア
  • 生姜湯
  • おしるこ
  • ホットワイン
  • くず湯
  • コーンスープ
  • 玉子酒
  • ジンジャーティー
  • ホットレモン
  • 甘酒
  • アップルサイダー 

『体を冷やすもの』

  • 合成甘味料
  • 食品添加物
  • 砂糖、香辛料
  • 刺激のある飲み物(アルコール・ジュース・インスタントコーヒー)
  • スナック菓子
  • チョコレート
  • 牛乳
  • アイスクリーム
  • 白いご飯
  • パン
  • うどん
  • 精製油
  • タバコ

冷え性は万病の元ともいわれ、肩こり、頭痛、腰痛、腹痛、生理痛、不眠などの症状が現れます。冷え性を治して健康で質の良い睡眠をしましょう。

スポンサーリンク