むくみやすい人は心臓病、腎不全などの病気かも?

女性に多いむくみですが、男性も油断できません。そして、むくみの種類によっては病気の可能性もあるんです。むくみの原因や解消法、影響、病気について紹介します。

スポンサーリンク

むくみチェック(病気の可能性も)

スネの骨の内側を指3本で5秒間強めに押して下さい。これをやって指のくぼみが戻らない方は要注意です。

結果は後ほど。

むくみの種類によっては命の危険や病気の可能性も?

a4b36d78b55a7465692d4ce4f4a48c96_s

むくみとは静脈やリンパの流れが悪くなり毛細血管から水分が染み出した状態のことをいいます。足がむくみやすいのは静脈の流れが重力の影響を受けるためなんです。

朝顔がむくむのは日中は下半身に溜まった水分が横になることによって顔に流れてしまうからです。特にうつ伏せで寝ていると顔に水分が溜まりやすいので要注意です。

一般的に女性の方がむくみを訴える人が多い印象がありますが、足を動かさないだけで男女問わずむくみは起きるものです。

足を動かさないということが静脈の流れを悪くしています。その静脈の流れをよくするものがふくらはぎの筋肉です。

ふくらはぎの筋肉は収縮することによって静脈を圧迫し血液を早く押し流します(筋ポンプ)。この筋ポンプが足のむくみに影響するんです。

筋ポンプが動きが良い人悪い人がいて、筋ポンプの動きが良い人はむくみにくくなっています。この筋ポンプの動きの良さは普段の生活が関係しています。

例えば、運動をよくする人や筋肉がしっかりとついている人は筋ポンプの働きがよくなっています。

しっかりと筋ポンプを使えるふくらはぎの筋肉をつけるということがむくみの予防という点で重要になってきます。

ヒールを履いているとふくらはぎの筋肉を上手に使う事ができないのでむくみの原因にもなってしまいます。

たまにはかかとの低い靴を履いて適度な運動をするようにする事が大切です。

337026f054dd73dd910be1798c567fe0_s

そして、むくみの予防で気をつけておきたいのが塩分です。

塩分を摂り過ぎてしまうと血中の塩分濃度を一定に保つため血液量が増加してむくみにつながるんです。

むくみの多くは身体に大きな影響を与えませんが、最初に行ったむくみチェックでくぼみが戻らなかった人は病気の可能性があります。

下肢静脈瘤

足が腫れて変色や痛みなどを引き起こす病気です。

足の静脈の弁が血液の逆流を防ぐ役割をしていますが、その弁が壊れ血液が逆流して静脈が膨らんでしまうのがこの病気の原因です。

進行が遅く気付きにくいのも特徴です。

普通のむくみは一晩寝れば治ることがほとんどですが、一度寝ても取れない場合は下肢静脈瘤の可能性があります。

スポンサーリンク

発見のきっかけは足の重だるさです。足のむくみと重だるさがある人は下肢静脈瘤を疑いましょう。

なりやすい人は立ち仕事をしている人、家族歴(遺伝)、妊娠や出産を経験している人です。

腎不全(腎臓病)

腎臓は身体の中の水分や塩分の量を調節する機能があり、その働きが悪くなるとむくみや尿の泡立ちにつながってしまいます。

足のむくみや体重の急激な増加、尿の泡立ちは自分では病気と気づきにくいものです。

様子がおかしいなと感じた場合はすぐに医師に相談しましょう。

心臓病

心臓病が悪化して心不全になると足だけでなく肺もむくんできてしまいます。そして肺がむくむと咳がでるようになります。

特に仰向けで寝ている事で肺に血液が溜まって咳き込んでしまうんです。足のむくみに咳が伴う場合は心臓病の可能性があります。

軽く見られがちなむくみですが、このような恐ろしい病気の可能性もあるのでこのような症状を意識して、軽い運動を行い筋ポンプを使って防しましょう。

病的なむくみは水分や塩分を溜め込んで体液量が増えているものが多く、生理的なむくみは体液量は変わらずに体液が特定の場所にかたよるものが多いです。

病的なむくみの場合は体重が増加している事が多いため普段から自分の体重を量ってチェックする事が大切です。

2分ですっきり顔、足のむくみ解消法

むくみを解消させるためには筋肉を動かし、静脈とリンパの流れを改善する事が重要です。

顔や足がむくんでいるからといってその部分だけをやっても効果はあまり期待できません。全身の筋肉を動かす事が大切です。

dd32daba75352a7f8569afdeee15fd84_s

1:椅子に座り両手両足を開いて後ろに身体をそらし5秒キープします。

2:両手両足を閉じて前に丸め込み15秒キープします。(ここまでを2セット)

3:片方の足を5秒間身体に引きつけるように上げます。(左右10回ずつ・上げた足のつま先を上に向ける事で足先まで血液とリンパが流れやすくなります)

4:両足を上げて両手、両足の指を閉じる、開く動きを20回ずつ(足はお尻よりも少し低く、手は心臓の高さにする事で効果が上がります)

この方法で効果はすぐにでます。デスクワークや立ち仕事でむくみがちな人はつま先立ちなどもふくらはぎを動かすのでむくみ予防になります。

1:椅子に座って先ほど足のむくみ解消の1、2を行って下さい。

2:4本の指で目の下、眉の下側の順で内側から外側に押し流します。

3:頬から首筋の前まで流し鎖骨のくぼみをゆっくりと押します。(鎖骨のくぼみをほぐす事によって血液とリンパが全身に流れやすくなります)

4:目と口を5秒間大きく開けます。

スポンサーリンク