夫源病とは?症状、原因、なりやすい人の特徴

なんだか、いつも体調がすぐれない・・・。あなたのその体調不良の原因が、もし旦那さんにあるとしたら??『夫源病(ふげんびょう)』という言葉を知っていますか?これは、その名の通り夫が原因で起こる病気のことです。

というと、驚かれるかもしれませんが、旦那さんの何気ない言動や行動に対する不満がストレスとなって、あなたの体調不良を引き起こしているのかもしれないのです。夫源病について詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

夫源病とは?

これは、医学的に正式な病名ではなく、大阪樟蔭女子大学の教授が、男性の更年期外来で色々な中高年の夫婦を診察していく中で、気付いて命名されました。

夫婦で生活していく中で、日常的に繰り返される夫の何気ない言動や行動に対しての不満だったり、家に夫がいるということ自体が強いストレスになったりして、自律神経やホルモンバランスを崩し、心や体の不調が現れます。

中高年の女性に起こりやすい事と、あらわれる症状が似ていることから、更年期障害とされてきたのですが、中には、この夫源病が原因だったのではないかという見方が出てきています。

しかし、夫源病を発症するのは、更年期の女性だけではなく、30~40代の若い世代や、シニア世代の女性にも多く見られており、結婚している女性であれば、誰でもこの病気にかかる可能性があります。

夫源病の症状は?

突発性の激しい頭痛や不安定愁訴、耳鳴りやめまいなど、メニエール病で見られるような症状、呼吸困難や不眠、倦怠感など、症状は様々なのです。

ただ、これらの症状があらわれるのが、決まって旦那さんが帰宅してからだったり、仕事が休みの週末である場合が多く、逆に、出張などにより、旦那さんが不在の間は、症状が出ないかもしくは軽くなる事が多いです。

ちなみに、不安定愁訴というのは、自分自身では、不整脈や頭痛、不眠やしびれなど、なんらかの様々な体の異変を感じているのに、周りの人に理解してもらえなかったり、病院で検査してもそれを裏付ける様な結果が出てこないようなすべての症状のことです。

夫源病の原因は?

原因は、旦那さんの行動や言動にあるわけですが、ここでは例を上げて紹介します。

夫源病の原因ケース1

妻が買い物に行こうとすると、頼んでもいないのに付き添い、買い物が始まると、そばにいて「そんなもの要らないだろ」や「まだ選んでるの?」などと愚痴をこぼす。

夫源病の原因ケース2

家では、家事や育児などほとんどしないのに、妻の家事の仕方に口出しをしたり(でも決して手出しはしない)や子どもが何か問題を起こすと、「お前がちゃんと育てていないから!」と文句を言う。

夫源病の原因ケース3

自分が何かを失敗しても、謝罪の言葉はなく、妻が旦那さんのために何かしても、感謝の言葉もない。

など、奥さんの現状や感じたり考えたりしていることを、全くと言っていいほど察していない夫に対し少しずつ不満や不平を感じ、毎日それらの不満や不平が、自律神経やホルモンバランスを司る脳の視床下部にストレスを与え続け、結果的に様々な症状をおこすと考えられています。

夫源病になりやすい人の特徴は?

結婚生活をしている全ての人が、この病気になる可能性があるわけですが、そんな中でも、より夫源病になりやすい人がいます。

スポンサーリンク

例えば、旦那さんに対して思ったことを言えない妻やもともとの性格が生真面目な人、旦那さんが真面目で頑固な人等は、この病気になる可能性が高いといえるでしょう。

これらの特徴を持った人は、波風が立つのを恐れ、自分の思いを抑え我慢し続ける傾向にあるため、ストレスをためやすく、様々な症状に悩まされることになります。

また、実母が夫源病である女性は、自身も夫源病になりやすいので、特に注意が必要です。

というのも、昔の日本は、亭主関白が当たり前で、一家の大黒柱は偉い=旦那は偉いという考え方が根強かったため、父親がとる横暴な態度やモラハラに対して母親はじっと我慢しているという姿を見て育った可能性が高いからです。

そういった夫婦の関係が当たり前という考え方が根底にあるため、「妻が我慢することが当たり前」という間違った認識を持ってしまうことになり、いざ自分が妻の立場になったときにも、夫婦関係を良好に保つために我慢しなければいけないと思い込み、自分自身を追い込んで、結果的に夫源病になってしまうのです。

夫源病の改善方法は?

自分の要求を伝え、時には小さな喧嘩もする

夫源病の始まりは、夫婦間の会話がなくなったときです。会話がなくなるということは、思っていることがあっても言わないということですよね。そうすれば、余計にストレスは溜まる一方ですし、黙っていては相手に思いは絶対に伝わりません。

旦那さんの行動や言動を変えたいのであれば、先ず自分の要求や思いをしっかり旦那さんに伝えることが大切です。

といっても、怒ったり命令するように要求を押し付けるのではなく、「◯◯してくれると助かる/嬉しい」と言った風に、こうすると私は助かるんだよ。と、自分の気持ちも付け加えて伝えてみてください。

また、本音をさらけ出し、相手の言動や行動に対する不満を小出しにしてぶつけてみましょう。といっても、いきなりそんなことをするのは難しいでしょうから、旦那の言動や行動にイラッときた時、その勢いで言うと言いやすいかもしれませんね。

もし、それで喧嘩になったらしめたもの。怒った勢いに任せて、お互い本音もさらけ出しやすいですし、本音を知ることで相手の思いや考えを理解しやすくなると思います。

上記していますが、夫源病は、夫婦間の会話がなくなることで始まります。それを改善するためには、少しでも多く会話をすることなのです。

ただし、大きな喧嘩は後々大変な自体になりかねませんので、あくまでもプチ喧嘩で留めておいてくださいね。

極短期間、別居をしてみる

小さな喧嘩をしてみても、ほとんど変化が見られないときには、思い切って旦那さんと距離を置いてみましょう。

旦那を家において、お友達と3~4日ほど旅行に行ってみるのも良いでしょうし、もし、お子さんが成人して、実家を出ているのであれば、お子さんの家でしばらく泊まってみるのも良いかもしれません。

とにかく、旦那さんとしばらく距離を置くことで、夫源病による体の不調は改善するでしょうし、全ての家事をしなければならなかった旦那さんは、奥さんのありがたみに気付いてくれるかもしれません。

これは、夫婦関係を再構築する目的があり、夫婦間における距離のとり方の練習です。そのためにも、1度だけでなく、何度か二人が距離を置くことを繰り返していくことで、お互いにとって心地が良いと感じられる夫婦の距離感を知り、夫婦関係を再構築してください。

夫にも同じ症状があるって本当?

夫源病について、なにか思い当たるフシがありましたか?なかったという人は、ひとまず安心ですが、実は夫源病の逆パターンである妻源病というものがあります。

これは、妻ではなく、夫が妻の言動や行動でストレスを溜め、様々な症状を起こすことをいいます。男性の場合、家にいる時間が増えてくる中高年層に多いと言われています。症状、改善方法ともに夫源病で述べたものと同じになります。

いかがでしたか?好きで結婚した相手が、体調不良の原因だったというのは、結構ショッキングなことですが、夫源病や妻源病になった時、2人が快適に過ごすため、夫婦関係を見直すチャンスだと思います。

ステキな夫婦生活を送れるよう、この機会に生活ペースを尊重しつつ、お互いにとっての快適な距離感を模索して見るもの良いかもしれませんね。

スポンサーリンク