メニエール病と突発性難聴の治療方法と症状

めまいが起こる人はメニエール病の可能性があります。メニエール病は突発性難聴と症状が似ているので間違えやすくなっています。メニエール病と突発性難聴の特徴や治療法を紹介します。

スポンサーリンク

メニエール病とは?

メニエール病の特徴はめまい難聴、耳鳴りが同時に起こることです。19世紀メニエールという医師が最初に報告して、そのような名前になったと言われています。

メニエール病になりやすい人の特徴は次のような方です。

  • 40〜60代
  • 女性
  • 責任感が強い
  • 几帳面

突発性難聴と症状が似ていて見極めが難しいとされている病気でもあります。

41d34a85a2056911152644ccf086fb08

メニエール病症状

  • ストレスや疲労、睡眠不足などが深く関係している
  • 回転性のめまいが10分〜数樹間ほど続く
  • なんども繰り返す
  • 難聴や耳鳴りが伴う

耳の奥にある内耳には体の回転を感じる三半規管、傾きや直線運動を感じる耳石器、音を感じ取る蝸牛があります。

三半規管、耳石器、蝸牛は一つの筒で繋がっていて、その中は内リンパ液という液で満たされています。

img01

強いストレスを感じるとこの内リンパ液が増えすぎてしまいます。すると三半規管、耳石器、蝸牛の神経に異常が発生してめまいや難聴が起こってしまいます。

ストレスが溜まりやすい人、発散がうまくできない人は起こりやすい病気です。

突発性難聴の症状

ある日突然日常生活に支障をきたすような難聴が起こり、会話ができなくなったり電話ができなくなったりします。

原因はまだはっきりしていませんが、内耳の血流が悪くなったり、ウイルスの感染で起こるのではないかと言われています。

メニエール病と違ってめまいがある場合とない場合があり、発作は(めまいがある場合)繰り返しません。

突然強い難聴が起こり、どんな音の高さでも起こりえます。まとめると次のようになります。

スポンサーリンク
  メニエール病 突発性難聴
めまいの特徴 10分〜数時間

ある/ない

めまい・難聴の発作 繰り返す 繰り返さない
難聴の特徴 低音から始まる 突然の強い難聴
きっかけ ストレス・疲労 ストレス・疲労

メニエール病の治療方法

生活習慣の改善、薬を使用して治療を行っていきます。それでも改善されない場合は薬液注入や手術を行います。

生活習慣の改善としては、

  • 疲労・睡眠不足を避ける
  • 無理をしない
  • 軽い運動
  • 楽しめる趣味を持つ

などの改善をしていきます。実際に好きなこと、例えばスポーツなどをしてすぐに状態がよくなったケースもあります。

水分摂取療法

毎日充分な量の水を摂取します。メニエール病は脱水も引き金となるので、体内に水が溜まり過ぎると内リンパ水腫(内リンパ液が増えすぎてしまった状態)が起こりやすくなってしまいます。

なので水分を充分に摂ることで脱水が起こらないようにします。心臓や腎臓が悪い方は問題が起こってしまうこともあるので、必ず心臓と腎臓の検査を受けてから医師の管理のもとに行います。

20130314water_01

主な薬

めまいが起こっている時使用する薬は、

  • 抗めまい薬
  • 制吐薬
  • 重曹薬

症状が治まってきたら、

  • 内耳循環改善薬
  • 利尿薬
  • 抗不安薬
  • ビタミン剤

なども服用していきます。薬で改善しない場合は抗菌薬を鼓膜の奥に入れる鼓室内薬液注入法、溜まった内リンパ液を手術で放出する内リンパ嚢解放術を行います。

突発性難聴の治療

早い時期に治療を行うのが原則で、1〜2週間以内には治療を開始してください。難聴を感じてから1ヶ月以上経つと回復が見込めません。

安静を保つことが必要なので入院治療が多いです。それとともに次のような薬を使用して治療も行っていきます。

  • ステロイド
  • 血管拡張薬
  • 抗凝固薬
  • 代謝改善薬
  • ビタミン剤

メニエール病は初期の段階では重くはありませんが、突発性難聴は強い症状がでるのが大きな違いです。

スポンサーリンク