良性発作性頭位めまい症の原因、治療、予防方法は?

めまいの中で一番多い良性発作性頭位めまい症。この病気の原因やメカニズム、検査方法、治療法、予防法など紹介します。

スポンサーリンク

良性発作性頭位めまい症のメカニズム、原因

良性発作性頭位めまい症はとても多くめまいの中では一番多いものとなります。特徴としては中高年以降の女性に多く見られます。

夕飯の準備で食器棚の一番上の段のものを取ろうとしたときに「ぐるぐるとした激しいめまい」が起ったり、座りこむとそれが治ったり、三日後また同じようなめまいを繰り返したりします。

他には寝返りをうった時に激しいめまいが起きて元の方向へ寝返ると数十秒後には治ったり、ある方向へ寝返りをうつたびにめまいがしたりします。

これらの症状は良性発作性頭位めまい症です。これらに共通するのは頭を動かした時にめまいが起こっているということです。

三半規管(回転運動)

原因は内耳にある三半規管(回転運動)です。三半規管には内リンパ液が満たされていて、クプラという耳の一部の神経があります。

クプラは規管の中の内リンパ液の流れが起こると左右に動いて、神経が刺激を受けて回転する動きを感じています。

mimikouzou6

耳石器

三半規管につながるようにあるのが耳石器です。耳石器は2つあって1つは体の水平の動きを、もう1つが垂直の動きを感じるものとなっています。重力や体の傾きを感じる働きがあります。

耳石器はカルシウムでできたいくつかの石のようなものでできていて、その石の一部が剥がれてしまうと三半規管の中に入ってしまいます。

三半規管に耳石器が入ってしまうと上を向いた時などに内リンパ液と一緒に耳石器が三半規管の中で動いてめまいが起こってしまいます。

めまいが起きて座り込んだりすると治るのは剥がれた耳石器の動きも止まるからです。めまいが繰り返されるのは同じように頭を動かした時に耳石器が三半規管の中で動いてしまうからなんです。

この病気は耳石器が動いている時だけ症状が出るので数分以内でめまいは治ります。難聴や耳鳴りはありません。

耳石器が剥がれる原因

頭部をぶつける

スポーツなどで頭をうった時に剥がれやすくなったりしてしまいます。

スポンサーリンク

カルシウムの代謝障害

耳石器はカルシウムでできているので代謝障害がある場合剥がれやすくなります。なので骨粗しょう症も関係していて中高年の女性に多く見られます。

良性発作性頭位めまい症の治療・検査方法

検査方法はフレンツェル眼鏡という特殊な眼鏡をかけてCCDカメラで目の動きを診ます。これをかけた状態で頭を動かし眼球の異常な動きがないかを診て診断されます(眼振)

治療方法は頭位治療というものがあって、三半規管の中にある耳石器を頭を動かすことで元の位置に戻す治療法となります。

eq07

先ほどのフレンツェル眼鏡をかけてることで目の動きで耳石器の位置がわかるので、頭を動かすだけで三半規管から耳石器を出すことができるんです。

勝手にこれをしてしまうと、三半規管は3つあるので他の三半規管に移ったりすることも考えられます。

すると他の場面でもめまいが起こってしまうようになります。医者の元に治療を行ってください。

7〜8割の患者の方はこの方法で治ります。薬も使わない、手術も行わないので理にかなった治療となります。

良性発作性頭位めまい症の予防方法

同じ方向で横向きに寝ない

いつも同じ方向で横に向いて寝ていると、下にした耳の耳石器が溜まりやすくなります。仰向けや寝返りをうつ癖をつけることをオススメします。

読書やテレビを見る時も同じで、横になる時にいつも同じ方向の方は注意が必要です。

shutterstock_1844413762

寝返り運動

右を下にした状態で10秒間ほど保ち、次に仰向けの状態で10秒間ほど保ち、左を下にした状態で10秒間ほど保ちます。

これを1日に10回ほど朝晩で行ってください。多少めまいがしても頑張ってやってみましょう。

頭の位置を高くして寝る

耳石器が溜まりやすいのは頭の位置が低い状態なので、頭の位置を高くして寝ましょう。首が痛くなることもあるので、腰から上の位置を高くするなどして位置を上げてあげましょう。

スポンサーリンク