めまいの原因は耳?その種類と脳の病気とは?

突然くらっとくるめまいですが、原因は意外なところにあります。めまいの原因、病気、めまいの種類など紹介します。

スポンサーリンク

めまいの原因

突然めまいが起こってしまうと頭の病気があるのではないかと思ってしまうこともあるでしょう。

実際は耳が原因となるものが61%、脳(脳血流障害を含む)が原因となるものが14%、この中には命に関わるものもありますが、ほとんどの原因は耳ということがわかっています。

ではどうして耳が原因でめまいが起こってしまうのか。耳は音を聞く働きと、立ったり座ったり歩いたりするときの体のバランスや平衡感覚をつかさどっています

そのバランスをとる働きが落ちてくると体がふらついたり上手く歩けなくなってしまうめまいが起こってしまうんです。

16a

鼓膜の奥の方に内耳というものがあって、そこの障害が起こるとバランスがうまくとれなくなります。

三半規管もあり回転運動(頭が回ったときに回っているという感覚)を感じ取ることもしています。

三半規管は3つありお互いに直角の位置になしています。このそれぞれの面の動きを感じています。

左右の働きのバランスがとれていれば良いのですが、どちらかが崩れているとバランスが崩れてめまいが起こってしまいます。

三半規管に続いて耳石器というものが2つあります。耳石器というのは重力を感じ、体がどちらに傾いているのかを感じるものです。これらのものがバランスをとることで普通に生活することができるんです。

めまいとは自分、天井、床、壁などのものが動いていないのにあたかも回っているように感じる錯覚なんです。なので耳の病気になってしまうことは日常生活に支障をきたすことがあります。

耳が原因のめまいの種類

良性発作性頭位めまい症

これがめまいの原因で一番多いものとなります。三半規管と耳石器が障害されて起こりますめまいは長くなく数分以内で終わりますが、何回も繰り返すのが特徴です。

頭を特定の位置に動かしたときに起こることが多いです。難聴や耳鳴りなどはありません。

メニエール病

三半規管、耳石器、蝸牛が障害されて起こります。めまいは10分〜数時間と長く、繰り返し起こります。

ストレスや疲労、寝不足などで起こることが多いです。難聴や耳鳴りなどが起こることもあります。

何年も続くこともあります。症状が似ている病気で突発性難聴という病気があります。突発性難聴とメニエール病の違いはめまいや難聴の発作を繰り返さないことです。

スポンサーリンク

前庭神経炎

三半規管、耳石器が脳に伝わる神経(前庭神経)の障害で起こります。かなり強いめまいが起こって、数日間続くこともあります。

繰り返されることはなく、風邪の後に起こることが多いです。難聴や耳鳴りなどはありません。まとめると

  良性発作性めまい症 メニエール病 前庭神経炎
時間 数分 10分~数時間 ~数日
繰り返し 繰り返す 繰り返す 繰り返さない
きっかけ 頭を特定の位置に動かしたとき ストレス・疲労 風邪の後
耳鳴り・難聴 なし あり なし
症状の似た病気   突発性難聴  

乗り物酔いを止める薬で応急処置することができます。落ち着いてから耳鼻咽喉科を受診してください。

難聴は早いうちに治してしまわないと治らなかったり後遺症が残ってしまうこともあります。

前庭性偏頭痛

偏頭痛と一緒にめまいが起こる病気です。命に関わるものはありませんが、めまいと頭痛が同時に起こるので辛いと考えられます。

8b4832f569df4921c8986773cbacc0b0-480x320

めまいが起こる脳の病気

  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • 脳腫瘍

これらがめまいの原因となることがあります。脳の中には体のバランスをとる小脳や脳幹などがあり、それが障害を受けると体のバランスがうまくとれなくなります。

耳が原因なのか脳の病気なのか判断するのは難しいので、脳の病気を疑う場合は次のような症状も加えて起こることがあります。

  • ろれつが回らない
  • 飲み込みが困難になる
  • 体にしびれや麻痺がある
  • 激しい頭痛を伴う

このような症状がある場合は脳の病気がある可能性があります。救急車を呼ぶか神経内科、脳神経外科、救命救急科を受診しましょう。

スポンサーリンク