女性の更年期障害の症状、原因、治療は?

女性の更年期障害というのは閉経をむかえる50歳前後の10年間をいいます。この時期というのは心や体に大きな変化が生まれます。

無理をすると症状が重くなってしまうこともあるのでちゃんとした対処法を知っておくことが大切です。女性の更年期障害の症状、原因、検査、治療法など紹介します。

スポンサーリンク

更年期といっても症状は様々です。

女性の更年期障害の症状

のぼせ、発汗、冷え、動悸、胸痛、息苦しさ、疲労感、頭痛、肩こり、めまい、イライラ、抑うつ、意欲低下、不安感、物忘れ、不眠、考えがまとまらない、腰痛、関節痛、筋肉痛、湿疹、かゆみ、排尿障害、性行痛

見てもわかる通り症状は多種多様で200種類以上あるとも言われています。これらのどれかではなくいくつも重なって症状が出てき、個人差があるといわれています。

一般的にはのぼせ、発汗、冷え、動悸などのホットフラッシュと言われるものが有名ですが、日本人女性にはあまり多くないという説もあります。

忘れっぽい、眠れない、考えがまとまらないという症状の一見更年期障害とは関係ないようなところから始まる方もいます。

201109042102000

女性の更年期症状はなぜ起こるの?原因は?

女性ホルモン変動、低下

エストロゲンというホルモンが女性ホルモンの中でも特に更年期症状と大きく関係しています。思春期の頃から段々上がってきて40~50代にかけて下がってきて、閉経してからは低い状態で安定します。

エストロゲンというのは子宮や卵巣だけではなく脳や筋肉、関節、代謝にも大きな影響を与えています。なのでエストロゲンが安定してない時期に全身に症状が出てしまいます。

低い状態になると体も慣れてきて症状もなく安定します。

心理、社会的要因

専業主婦の方は社会からの孤立感、仕事を続けてこられた方は仕事の重責、世代交代で親の介護、子供の巣立ち、夫の定年、夫婦問題などがあります。

夫が定年するとリビングにいることが多くなります。それまではリビングは妻が好きなことができる居場所だったのに定年してからそれが夫に占領されることでストレスを感じてしまいます。

スポンサーリンク

そしてお昼ご飯を作らなければいけなくなるので、そのたびにうつ(昼食うつ)になってしまうこともあります。 

Cook-Meal-Together

女性の更年期障害の診断、検査

更年期外来、女性外来、婦人科などがあります。問診(人間関係なども)、女性ホルモン量の検査(血液検査)、他の病気の検査(甲状腺、婦人科疾患、心臓など)などをします。

女性の更年期障害の治療法

生活改善、環境調整

セルフケアを意識します。更年期の症状から睡眠の質が悪くなったり筋肉が硬くなったりするので意識して睡眠をとったり硬くなった筋肉をほぐしたりします。

今までできていたことができなくなってしまうことが多いので、今まで通りにやろうとするのではなく70%くらいできたらいいかなという気持ちでいること。

家族に協力してもらうこと。例えば、主婦としての機能が3割減ったらその分家族がサポートしてあげるといった協力が大切です。

薬物療法

ホルモン補充療法、漢方(当帰芍薬散、加味逍遥散、桂枝茯苓丸など)、抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬などがあります。
ホルモン補充療法は副作用として乳がんの発症率が高くなると言われていますが、5年以内の使用だと心配はないと最近の研究でわかっているようです。

主治医の先生と相談してから使用して下さい。

心理療法

お友達との会話が大切です。辛いことや思っていることを話したり、情報を共有することが精神療法では効果があります。井戸端会議などはとてもこの時期には大切なことだと思います。

それでも生活パターンを変えられなかったり、自分を責めてしまう場合は認知行動療法などを行います。

07fd8019f27d751cd35923b32177cb2f

夫婦関係を見直すことも治療につながります。更年期というのは長く生きてきた女性の後半戦の始まりです。

女性ホルモンの減少というのは誰にでも訪れる自然な現象なので、それを受け入れてセルフケアを楽しんで前向きに考えることが一番の対処法かもしれません。

スポンサーリンク