冷え性が原因の病気とは?どんなサインが?

冷え性の定義は、病気として扱われずに体の自覚症状(不定愁訴)となっています。

冷え性は、単に手足が冷たくて夜眠れないなどの辛い症状ばかりでなく、様々な病気の原因となり想像以上に怖い症状とされています。生死に直接関わる病気まで招きますから、早めの対策で改善を心がけてください。

スポンサーリンク

冷え性になる原因

夏の冷房の効き過ぎ

クーラー病という言葉までありますが、冷房が普及している今は、冷房の効き過ぎで冷え性になる女性が多いです。

冷えは女性の体にとっては害となり、若い女性なら不妊症になるリスクが高くなります。

食べ過ぎや水分の摂り過ぎ

食べ過ぎると消化のために血液が胃腸にたくさん送られてしまい、他の部位への血液が減ってしまい、冷え症になってしまいます。

過度のダイエット

そもそも女性に冷え性が多い理由は女性は筋肉量が少ないため体内で熱が作れずに冷え性になる事が多く、無理なダイエットで筋肉量が減ると冷え性になってしまいます。

自立神経の乱れ

ストレスなどで自律神経が乱れると夜になっても交感神経が働き続け、体が緊張状態が続き、本来なら夜寝る時やリラックスする時に旺盛に働く副交感神経が上手く働かずに、血液の流れが悪くなり、その結果体が冷えて冷え性となってしまいます。

冷え性が原因の病気

血行障害

身体の冷えは血液の流れを悪くしますから、その結果血液が体内の隅々まで十分に行き渡らないために、血管にコレステロールが溜まりやすくなり、その結果動脈狭窄や血管が詰まって足のしびれや痛み、あるいは冷たさを感じるようになります。

動脈硬化

冷え性が続くと動脈硬化のリスクが高くなり、動脈硬化などが原因で末端の毛細血管まで血液が流れにくくなったり、静脈のうっ血し、手足や下腹部が冷えたりします。

スポンサーリンク

自然治癒力の低下

体温が1度下がるごとに免疫力が5~6倍も下がると言われています。免疫力が下がることでウィルスなどに感染しやすくなる他、自然治癒力も低下して病気が治りにくくなります。

肌の老化を早める

肌の老化は病気とは言えませんが、冷え症で体温が低くなると酵素の働きを悪くし酵素で中和されるはずの有害物質活性酸素が発生して体を酸化させます。

酸化とは体の錆のようなもので、シミやシワ、肌のくすみや肌のハリを失う原因となり肌の老化を早めてしまいます。

冷え性が濃厚な症状、サイン

冷え性は手足が冷たくなるばかりでなく色々な症状となって知らせてくれますから、以下のような症状の時は冷え性の可能性が大きいのでチェックしてみてください。

下痢や便秘

冷たいものを食べ過ぎるとお腹を下すのはよく知られていますが、冷たいものの食べ過ぎは体も冷やし内臓も冷やして下痢便となってしまいます。

腰痛

夏の冷え性は足元からくると言われますが、夏はスカートに素足でソックスを履かないとか、あるいはノースリーブとか、胸元が大きく開いたファンションのため、気がつかないうちに体が冷えて腰痛になる人も多いいです。夏でも想像以上に冷えるので、夏でも注意が必要です。

必要以上に汗をかく

汗かきの人は一見健康そうですが、体が弱っているときの汗や、体内水分のバランスを崩しているときの汗もあります。

顔がほてったり赤くなったりするタイプの汗で、下半身の冷えからきていることが多く、下半身を冷やさないなどで改善することができます。

その他にも疲労感や不眠、イライラや集中力の欠如、偏頭痛や肩こり、食欲不振、目の下のクマなどが冷え性の症状となって現れます。上記の症状で原因がわからない場合は冷え性を疑ってみてください。

全ての健康に通じている冷え性対策

冷え性対策の運動や食べ物など、冷え性対策は全ての健康に通じる健康法です。過去には成人になってから罹るので「成人病」という名がついていた糖尿病他の病気も、長い生活習慣によって罹ることがわかり「生活習慣病」と名前も変わっています。

冷え性対策の食習慣の改善や運動の習慣もそのまま成人病対策に通じますから、おススメです。ちなみに健康には誰しも気をつけますが、案外気がつかないうちに体を壊すことをしていることがあります。

それは夏の冷えで、昔と違って現在は冷蔵庫が普及して、夏でも冷たいものを摂ることができますが、冷たいものの摂りすぎは胃腸や体全体を冷やして血液の流れを悪くしたり、体温を下げて免疫力も下げて、夏の暑い時期にもかかわらず冷え性に悩む結果を招いてしまいます。

また、冷たいもので胃腸を冷やすのも、夏バテの原因になってしまいますから気を付けてください。

冷え性対策は難しいような気がしますが、習慣になってしまえば面倒でもなく、楽にできるようになるはずです。

スポンサーリンク