慢性膀胱炎の原因|トイレの拭き方で予防が?

膀胱炎の種類や症状、原因、治療方法など紹介します。

スポンサーリンク

急性膀胱炎

主な症状は次の通りです。

  • 頻尿
  • 残尿感
  • 膀胱の痛み

急性膀胱炎は膀胱炎の9割を占めていて、他に慢性膀胱炎、間質性膀胱炎があります。

急性膀胱炎の原因は?

細菌が起こす膀胱炎のことを急性膀胱炎といいます。その中の8割は大腸菌が原因となっています。

自分の肛門周辺にいる大腸菌が入っていって原因となることが多いので、再発しやすくなっています。

女性に多く見られるのは肛門から尿道までが近く、尿道も短く膀胱に細菌が侵入しやすいからなんです。

治療としては薬が一般的で、抗菌薬をいうものを使用すればほとんどが治ります。主にニューキノロン系やセフェム系の2種類があります。

4fc67fce6bf784357dd6b5ad94a51e75_s

慢性膀胱炎の原因は?

異物:膀胱結石

例えば前立腺肥大症があって尿が全部出ないのでそこに石が溜まってしまって、その石に対してばい菌がついてしまったり、カテーテルが入ってることによってばい菌がくっついてしまって常に異物として慢性膀胱炎の原因となってしまいます。

薬剤性膀胱炎:放射線性膀胱炎

これらの主症状は血尿です。薬剤性膀胱炎は抗アレルギー剤で起こることがありますが、その薬をやめることで治すことができます。

放射線性膀胱炎は例えば子宮ガンの場合隣が膀胱なので、膀胱に放射線が当たることによって起こってしまいます。

高圧酸素療法といって普通の空気よりも圧力の高いタンクがあって、このタンクの中に入って(3時間ほどを20回くらい)、血尿などを緩和したりする治療法もあります。

慢性膀胱炎は急性膀胱炎の痛みと部分では症状が似ています。

間質性膀胱炎

間質性膀胱炎はこの10年くらいで話題になっている膀胱炎です。急性膀胱炎と症状が似ていますが、細菌が原因にはなりません。

スポンサーリンク

なので抗菌薬が効かなくなります。急性膀胱炎と間違われて抗菌薬をずっと投与されても良くならないということも起こってしまうことがあります。

原因はまだ不明ですが、痛みが起こる原因はわかっています。膀胱の袋の表面にはばい菌から守っている粘膜層という層があって、その下に粘膜層(間質)、その下に伸び縮みする筋層があります。

粘膜層が破綻して尿の刺激などが粘膜下層に加わってしまって、深いところで炎症が起きてしまうのが間質性膀胱炎です。

急性膀胱炎との違いは膀胱の痛みが尿が溜まるにつれて痛むところです。急性膀胱炎は排尿の終わり頃に痛むので、どのような時に痛むかで違いがあります。

また頻尿もどちらにも見られる症状ですが、間質性膀胱炎は特に激しい頻尿で1日に十数回トイレにいくこともあります。

医師に診てもらう時は「頻尿はどれくらいあるのか」、「膀胱がどのような時に痛いのか」を伝えることが大切です。

急性膀胱炎は残尿感など細菌感染が起こしているので白血球が尿中にたくさんでます。それによって尿が白く濁ったり、血尿を起こすこともあります。

間質性膀胱炎は尿がたまると膀胱に圧迫感を感じたりしますが、排尿するととても楽になるのが特徴です。

78b3c3cd90550f24c7ed1d006088e366_s

間質性膀胱炎の治療

  • 三環系抗うつ薬
  • 抗ヒスタミン薬
  • 抗コリン薬
  • 抗アレルギー薬

これらの薬で症状が緩和されます。

手術

  • 膀胱水圧拡張術
  • 経尿道的腫瘍焼灼術

膀胱炎を再発させないためには?

  • 薬をきちんと飲む
  • トイレでの拭き方便秘に注意
  • 性交渉前にシャワー(後ろから前はNG・前から後ろ)
  • 性交渉後早めに排尿
  • パッド交換はまめに交換
スポンサーリンク