足湯の効果|デトックス、生理痛も?

寒くなってくると女性の大敵「冷え」。手足が氷のように冷たくなり、手袋や厚手の靴下を履いてもなかなか温まらない症状があります。

暖房がついている部屋にいても、足先だけはいつまで経っても冷たいままという事はないですか?でも私は冷え性だからと諦めず、手軽に改善できる方法がいくつもあるんですよ。

スポンサーリンク

「足湯」の健康効果

冷え性

冷え性改善にお勧めなのが「足湯」。もちろん効能付きの温泉やお風呂に全身浸かれれば一番良いですが、なかなか忙しい生活の中ではいつでも入れる状況ではないですよね。

でもご安心を!そんな時に足湯は、両足を入れられる容器の幅のスペースがありさえすれば、いつでもどこでも出来ちゃいます。

更に足元だけを温めるだけでなく、足からの血液循環がもたらす効果は、とても大きな影響力があるんですよ。足は第2の心臓と言われているほど、沢山の神経やツボが集まっています。

その足を温めて血行促進してあげるのが、健康への近道へとなります。お風呂に入る時のように裸になる必要も無いですし、服を着たまま出来るのが手軽でオススメな点です。

体調が優れずお風呂に入れない時でも、足湯なら体への負担も少ない上にパジャマのままで出来ちゃいますよ。足湯の効果で代表的なのが、まずは冷え性改善。

私達の心臓は毎日休むことなく、24時間私達の体の隅々まで血液を送る為に働き続けてくれています。足先が冷たいという事は、心臓から送られて来る温かい血液が十分に行き届いていない証拠。

血管が冷えから細くなってしまい、血流が通りにくく冷たくなってしまうという悪循環になっているんです。

なのでその血管を温めて広げてあげることで、一気に血の巡りが良くなり心臓への負担も軽くなります。体の末端から血流が良くなれば自然と全身暖かくなりますので、冷えていた内臓も温まります。

デトックス・ダイエット

血流が良くなることで余分な水分や老廃物が排除されるので、デトックス効果も期待されます。足のむくみやセルライトが解消されるので、お悩みの女性たちには嬉しい効果ですね。

血の循環が良くなる事でお肌の調子も良くなりますから、毎日もお化粧もグンと楽しくなりそうですね。さらにさらに、血流が良くなり冷えが改善される事で代謝が良くなります。

代謝が上がると言うことは、脂肪を燃焼しやすい体質へと改善されますのでダイエットに効果があると言われています。

がん

怖い病気の代表が「ガン」。しかし皆さん心臓ガンって聞いた事がありますか?実は心臓は常に活発に活動して熱を発している臓器なので、ガン細胞が出来にくいと言われています。

人は体温が1度下がると、病気になる確率がグンと高くなりますので、人の体温はとても大事なんですね。

スポンサーリンク

免疫力がきちんと働くようにするには、私達の体温を35度以上に保っている事が必要なので、体温を一定に保ちつつ、臓器を温めてあげる事が病気をしにくい体づくりへとなります。

小さい頃、寝る時はパジャマの上着をズボンの中に入れなさい!と言われた経験はないですか?これは私達が寝ている間、臓器も同時に機能を休ませているという事なので、活動している日中の時よりは体温は少し下がります。

その様な時にお腹を出して外側からも体を冷やす行為を取ってしまっていたら、益々臓器が冷えてしまい風邪を引いたり病気をしやすくなると言う体質をわざわざ自分で作り出していたという結果になってしまいます。

免疫力アップ

足湯効果でもう一つは「免疫力アップ」。

足を温める事で、私達をリラックスさせてくれる副交感神経が優位に立ち、その影響で病気と闘ってくれる免疫をつかさどるリンパ球の一種のナチュラルキラー細胞が活性化していたという実験データもありますので、単に足を温めてあげるだけの効果ではなかったんですね。

リラックス効果

もう一つが「リラックス効果」。足元からジワジワと暖かくなるのはとても気持ち良いですし、実際に私達をリラックスさせてくれる副交感神経が働き始め、自然とリラックスが出来るという訳です。

更に足湯の中にお好きなアロマオイルを垂らしても効果抜群。香りから癒される効果も大きいので、好きな香りと共にさらにリラックスUPで効果絶大です。

そのリラックス効果は、夜の寝つきが良くなる事にも繋がりますので、今までなかなか眠れなかった人も足湯効果でぐっすり眠れる事間違いなしです。

生理痛緩和

その他の効果が「生理痛緩和」。これは女性にはとっても嬉しい情報です。毎月お世話になる生理。

私達女性にはなくてはならない機能の一つですが、人によっては毎月寝込む程の痛みがあったり、薬なしでは起きてられないというほどの痛みと闘っている女性も多いですね。

生理痛が起きる原因の一つとして、骨盤内の血流がとても悪い事。つまり冷え切っていて血の循環が悪く、子宮と卵巣が冷えてしまい子宮からはがれた経血が子宮の外に流れ出る時に、スムーズにサラッと流れ出ないためだと言われています。

血流が良くサラサラ流れている状態であれば、生理中も激痛で寝込んでしまう事ともお別れできそうですね。

そしてさらにこの足湯のリラックス効果で自律神経を整えくれるので、PMSでイライラする事も少なくなるかもしれません。

お湯の温度と時間

足湯をする時に注意をしなければいけない事が、温度と時間です。足湯に使うお湯の量は少ないため、少しぬるめのお湯で始めてしまうと直ぐに冷めてしまうので、知らずと逆に体を冷やしてしまう事にもなります。

38度から42度くらいの温度で調整しながら行うと良いでしょう。その際に時間は10分から20分位をめどにすると丁度良いですね。

いきなり熱いお湯から始めると火傷の危険性もありますし、心臓に疾患がある方や高齢者の方には心拍数が急激に上がってしまう可能性もあり危険なので、様子を見ながら調整し、少しでも体調に変化を感じられたら中止しましょう。

中には全身温まって汗を沢山かく方もいますので、水分補給も忘れずに行いましょう。足湯を行う事で、私達の健康に様々な嬉しい効果があったのは驚きですね。

温泉に行くのはお金も時間も掛かりますが、足湯なら手軽でお家でやりたい時に出来ますので、サプリメントやお薬にばかり頼るのはもう止めて、是非今日から足湯で嬉しい効果を体験しましょう。

スポンサーリンク